ダメジナについて
よく釣り場で会う人にダメジナって何ですの?と聞かれます。
まっちゃんの釣行記で出てくるダメジナは正式名”合わせちゃダメジナ”というグレ針です。
この針について初めて知ったのは掲示板でのこと。
乗っ込み時に如何にしてスレを掻かないかということで紹介してもらった記憶が…

ダメジナ針 メインはこの3種類

グレはハリを飲み込むとハリスを噛み切ってしまうことが多いらしく
できるだけ口にかけるために考えだされたのが極端な”ねむり針”だったのです。
そのため、普通のへら針に比べるとスレがかなり少なく(全くないわけではない)
スレたとしても掛かりが浅いために直ぐに外れることが多いです。

ダメジナで乗せた場合は、僅かながらタイムラグが感じられます。
ちょうど消込みアタリで上層にいる魚にスレた感触にちょっと似ています。
そんな時でもうまく口にかかっていることが多いです。
それではこの針の長所と短所について述べてみます。

ヘラスレとの比較 ヘラスレとの比較

長所
1.やはり最大の長所はスレを掻きにくいところ
釣行記の中で聞き合わせをすることがありますが
せっかちな性格なのではちょっとおかしな動きがあると手が出ます(^^;;。
そんな時、ダメジナなら安心して合わせられるのです。
特に宙の馴染み際など、浮子の振れだけで食っていることもあります。
大型になればなるほどこの傾向が多くなる気がしています。

2.ウグイの多い釣場で威力を発揮
広野など時にウグイを何十匹も釣ってその中からヘラを上げる釣り場では
針を飲み込まれると外すのが大変で度重なると釣るのが嫌になってきます。
しかし口にしか掛からないダメジナでは飲み込まれることが皆無です。
これは思いもよらぬ恩恵でした(^^)

3.障害物の多いポイントに有効
釣行記にも出てきますが柳際をできるだけタイトに攻めたい場合
普通の針では何本あっても足りないところでも
ダメジナ針なら水中の障害物を探りながら釣ることができます。
この釣りは透明度の高い場所、水温の低い春先などには非常に有効です。

短所
1.この針の特徴であるねむりが深すぎるため時にかかりが浅いことが有る
唇ぎりぎりにかかっていることもよくあり、強い合わせや強引な引きで
バレていまいます。これは他の針でもあることですが…
なので魚が浮いてきた時は常に口のかかり具合をチェックする癖がつきました(^^;
傾向としては食い上げや馴染み際のアタリに多い気がします。

2.針が重い
できるだけゆっくりとエサを沈めたい人にとっては問題があるかも知れません。

3.針のサイズが10号までしかない
これは巨べら師にとっては痛いところかも知れません。
でかいマッシュ餌なんかは確実に飛んでいきます(^^;;
まっちゃんは2と3の短所を緩和するため、針の軸に
1mmの透明チューブを1p弱に切って通しています。
これでかなり沈む速度とエサの飛びは押さえられます。
(沈む速度は気持ちだけかもしれませんが…)

何事も尖ったものには長所と短所がありますが
まっちゃんは長所の方が遥かに大きいと思っているので
この針を使い続けています。

今までにスレで痛い目にあっている人は
一度試してみる価値ありだと思います。
あくまで自己責任でお願いしますネ m(_)m