ええ加減な電気浮子作り方(前編)

電気浮子を自分で作るようになったら、あなたもダム師の仲間入りです。(^^)
まっちゃんはド素人ですが、これから一度作ってみようと思っている方の参考になればうれしいです。
またこれを読まれて、もっとこうしたら簡単にできる等あれば是非教えてくださいね。m(_  _)m

はじめに
まっちゃんにとって、電気浮子は単なる一つの道具であって見て楽しむものではありません。
だから、ちょっとぐらい見栄えが悪かったり、センターがずれてても一向に気にしません。
イヤ、気にしないようにしています。(^^)
まして羽根で出来ているとか、カヤで出来ているとか材料の問題でもないのです。
要は、その釣り方に合った浮子かどうかが一番重要だと思うのです。
と、
自分の下手な浮子作りの弁解してます (^^;;;

それでは本題に
ここではできるだけ簡単に作るため、市販の電気浮子を購入します。
主に使うのは足の部分だけなので安い電気浮子で十分です。
まっちゃんはナショナルの昔の一灯式をよく使います。
このタイプは昔からの釣り具屋さん?で600円台で売ってます。

これを写真のようにニッパを使って足だけを残します。
この時ステンレスの配線は長さを変えてニッパで切ってください。
ここまで出来れば3割できたも同然です。ちょっとウソっぽいけど...

ちょっと横道
もっと簡単な方法として
胴体の白いプラスチック部を残してトップとLEDだけ変える手もあります。
その時は上部に発砲スチロールを使います。(これが一番簡単かも)

次にLEDの話しに入ります。
電気浮子に使うLEDは東京では秋葉原、大阪では日本橋などに行った時に
ちょくちょく立ち寄って購入してます。路地裏の小さい店で見つけることが多いです。(^^)
LEDは様様なタイプ、メーカがあります。
金額的にはあまり高くないので2,3個買って試してみて下さい。

写真では色のついたAのタイプ、透明なBのタイプ、
透明で小さなCタイプに分けました。(たまたま手元にあったので)
最近は片面だけ光るチップタイプもありますがここでは省略します。

ちょっと説明
A、Bのタイプはプラスチックで出来ていて、削るのが割と簡単です。
赤は実際に削ってものです。オレンジ、黄色は明るくお奨めです。
Aのタイプの緑は暗くて使い物にならないので気をつけてください。

Cのタイプは小さくていいのですが、セラミック?で出来ているので
写真上のダイヤモンドやすりを使わなければ削れません。
このタイプも赤、黄、緑があります。黄はなかなか売ってません。

LEDは基本的には赤が明るく、電池が長持ちしますが目が疲れやすいです。
緑は疲れませんがちょっと暗めです。そういう意味では黄色が無難でしょうか。

今回は2灯の電気浮子を作ってみましょう。人それぞれですが、まっちゃんは2灯あれば宙でも十分だと思います。
あまり多く付け過ぎると先端の方が暗くなったり、電池の消費が早いので注意してください。

2灯の場合,無難なのは同じ種類のLEDをつなぐことです。
注意しなければならないのは色が違うLEDをつなぐ場合です。
組み合わせによっては片方が勝ちすぎて、もう一方が暗くなってしまいます。
これは実際にやってみるしかないです。
左からA黄&赤, C緑&赤, C黄&赤, 作りかけC黄2灯

色の違うLEDは見てるだけできれいでナイターのとりこになってしまうカモ!(^^)
少ない経験ではAの黄&赤とオレンジ&赤およびCの黄&赤の組み合わせがお奨めです。
(ただし、Cのタイプの赤で高輝度タイプは他の色とは合わないので注意してください。
またCの緑、赤もお奨めですが電池がなくなると緑が負るのが少々難点、でもきれいです。)

見てのとおりまっちゃんは、上が黄色OR緑で下が赤が好きです。餌がなじんだところで赤が一点になるように
調整してます。この辺りは個人的な好みなので自分に合う組み合わせを選んでください。

また2点の距離は2.5〜3.0cmぐらいにしてますが、これも個人的な好みがあります。
長竿の場合や、同じ色の2灯は多少距離が開く方が見やすいです。

まっ、へたな講釈はこれぐらいで取り合えずLEDをつけてみましょう!
横の写真は見にくいですがソケットに二つのLED
(Cのタイプの緑)をつなげたものです。
まっちゃんの場合、使い古した電池を接げながらハンダ付けを行います。
こうするとLEDの方向の付け間違いがありません。

導線はエナメル線を使うので接触部をペーパやすりで削っておきます。
2灯の場合、ある程度細い方がいいので0.16〜0.18の太さを使います。
この辺の細い線は秋葉原や日本橋に行けば手に入ります。

配線が細い場合は各LEDにエナメル線を別個に付けてから
2本まとめてステンレスに付けた方が簡単です。

ハンダ付けは○で囲った3箇所です。ソケットとの接続部はステンレスとエナメル線のハンダ付けになるので
ステンレス用ハンダ(写真上側)を用います。
この部分は太くなっても構わないのでハンダ付け前に細い導線を巻きつけて補強しています。
その後、接続部にフラックスを1滴たらしてからハンダ付けすると簡単に確実に着きます。
接続時にはヒートクリップを使うと便利(200円程度)
LEDとエナメル線は通常の電子部品等に使うハンダで十分です。
コツは下の写真のようにPASTEを少し塗ること(上の写真左矢印)です。
こうすることで余計なハンダが付き過ぎることがありません。


後編へ