ドボンの釣リ
相模湖,上野原でのドボンの釣り,それはまっちゃんに強烈な印象を与えた。
流心に向かって,長竿,2号のオモリ,特大のクシ玉浮子。
名前のとおりエサを打つ度にドボーン!と大きな音。
地元の人はまっちゃんの目の前で40〜尺半上を入れ食い。片やその横で
急流に全く浮子が立たず,悪戦苦闘の末にボーズのまっちゃん(;_;)
地元の人は今年の春から70〜100枚以上の40上を上げているという。
それも最長は49cm程度というから驚いてしまう。

ヘら師の中にはドボンの釣りは邪道という人もいる。確かに微妙な浮子の
動きを楽しむというには程遠いかもしれない。しかし,まっちゃんは
ドボンの釣りこそ最強のへら釣りではないかと思いはじめている。

一つに急流を上ってくる活性のあるヘラだけを釣ることができる。
それ故に食い渋りが少なく,釣れる時には数がでやすい。
二つ目に,その釣りの特徴から半分は向う合わせになるため,
アタリが明確で釣りやすい。

ドボンの釣りのキーポイントは何といっても急流でも沈まず,立ち続ける浮子にある。
今回,雪辱をはらすべく3日の歳月をかけ、ついにドボン浮子”立つんだじょー1”
を完成させた。ポイントは浮力と長い足である。今回の浮子は1.5号のオモリと
釣り合ったが,さらに浮力の強い”立つんだじょー2”も製作中である。  
上から直径2cm発泡スチロール,
パールトップ,竹ひご,
ドボン浮子 銘”立つんだじょー1
製作はごく簡単なので省略。

ドボンの仕掛けは1〜2号の中通しオモリを下の図のように道糸に中通しで
付けるのが一般的。まっちゃんは専用の仕掛けを作るのが面倒だったため,
外通しオモリの仕掛けにした。これは通常の仕掛けから簡単に作ることができる反面
ハリスが時々オモリにからまり,ヨレヨレになる欠点がある。
中通し仕掛け 外通し仕掛け 上野原 竿19尺 ロープあれば便利

エサは急流のため,比重があって溶けにくい方がいい。地元の人はダンゴとグルテン
のセットが多いが,まっちゃんはセットが面倒(^^;;なため,マッシュにバラケG
とイモグルを適当に混ぜ,グルグル練り込んだ共餌を用いた。

アタリは浮子にサワリが出た後の大きな食い上げや消し込みで合せるが,
タイミングがズレると引き寄せる途中でバレることが結構あるため,
半分向こう合わせと言ってもあなどれない。

ドボンの釣りの応用例として、乗っ込みのハタキ時、魚だらけになっているときに
この釣り方で、食い上げアタリだけを取るという方法がある。
これで確実に食いアタリとスレアタリを分離できる。
沼本の常連さんが時たま使う手である。

ノコノコ掛かってきた40上

上で述べたように、この釣りは常に水が動いているため、本湖が食い渋って
いる時でも,安定して食いが立ちます。
濁りが入った時や早朝,夕方は竿が届く範囲に寄ってくるので狙い目となります。
釣場はできるだけ流心に近い所,また釣れる時は多少なりとも
魚の気配があるので場所を見定めて入ることがポイントになるかも?
一度試してみる価値ありです。ハイ