まっ ちゃんのええ加減なエサの作り方
初めに言っときますが、まっちゃんは今でもエサはええ加減でいいと思っていま す。
釣果の大半はポイントで決まると考えているからです。(下手なエサの言い訳です(^^;)

よくダムでバサーに話かけてヘラのことを聞くのですが、
徒党を組んでるダム師さんと違い、比較的親切にいろいろ教えてくれます。
驚くことに彼らはかなりの確率で
巨べラを釣っています。
引っ掛けたのではなく、食っているというのです。

皆さんも浮子調整や、床を測るときにカラ針に食ってきた経験があると思います。
多分、ヘラは動くものに関心があり、食べれるかどうか一度吸って
確かめる習性があるのではないでしょうか。
だから乗っ込み時などは針に
消しゴム付けても釣れるのでは?と思ってます。

まっちゃんのエサのコンセプトは明確で、できるだけ軽いもの
エサをゆっくりと落として視覚的にヘラの食い気を誘う作戦です。
これから紹介するエサは待ちの餌ではなく攻めの宙釣り用のエサです。

使用するエサは1:1マッシュ、新べらクルテン底、藻ベラ、軽麩の4種類です。
(○キューの回し者ではないです)

初めににボールに水を入れてからマッシュと新ベラを入れます。
(新ベラは津久井湖常連さんが使っていたのでそれ以来使ってます)

エサの比率はマッシュ:新ベラが10:1〜10:3くらいでしょうか(このあたりはええ加 減)
新ベラは少し待ち気味にしたい時は多めに、ガンガン打ちたい時は少なめにします。
蕎麦でいうツナギ粉?の役割と考えると分かり易いカモ

水の量は少なめにして、軽く練るとパサパサの状態です。
 初めはバサバサ こんな感じ。

この後、どんどん手水を加えて練り込んでいきます。
注意点は一回にたくさんの水を入れるのではなく、何回にも分けて
ダマが無いように徐々にやわらかく練ることです。
ちょうどいいところを通りすぎても更に水を入れて柔らかくしていき
最後はベチャベチャのペースト状になります。
(この時点ではやわらか過ぎて針にエサづけできません)

 最後に近い状態

次にマッシュを軽くかき混ぜながら藻ベラを満遍なく全体にふりかけます。
(山田の常連さんに薦められてからずっと使っています)
藻ベラは集魚効果が高いのでジャミが多いときは少なめ、
アタリが無いような所は多めにします。

 エサ全体がうす緑色に変 わります

藻ベラが全体に行き渡ると最後に軽麩をふりかけます。
軽麩はかたまるとダマになりやすいので
できるだけ高い位置からまんべんなく振り掛けるのがコツです。

仕上がり

最後はこんな感じです。

藻ベラと軽麩が水分を吸って針にエサ付けできる固さになります。
と言っても慎重に振りこまないと飛んでいきます(^^)

エサを丸めて水に落とすと藻ベラ、軽麩が
サッと水面に散って
マッシュが煙幕を張りながらゆっくり沈下していきます。
馴染み切ると半分くらいになっている感じです。

少し水をつけると直ぐベチャベチャに、
練りこむと
軽麩が適度な粘り気を出し溶けにくいエサになります。
このあたりは魚の状況を見ながら調整していきます。

エサが軽いので浮子トップは細くしないと馴染み幅が出ないかも、
興味のある方は一度作ってみてください。

お粗末でしたm(_)m