釣場作りについて
タイトルからして,お気楽ひとりごとに載せるべきかも知れませんが
あえてちょっぴり釣りテクのコ−ナ−に記載しました。 それは未開の釣り場を
開拓するダム師にとってはなくてはならないテクのひとつと考えるからです。

まっちゃんは釣場を作ることが好き,というか,どちかと言うと有名なポイントよりも,
それまでは誰も釣ったことがない釣場を開拓して,そこで巨べらを上げることが
最高の楽しみなのです。
こんなことしてるからあまり巨べらが釣れない。(^^;;

そのために冬から春にかけて,乗っ込みを想定して釣場作りをします。
ただし、失敗することも多いのです。今年は相模湖の陸釣りにトライするため,
春先から数カ所,釣場作りをしていました。時には2時間くらいかかって
床を掃除し,木に登って枝をはらって作った大作もありました。
乗っ込み時の爆釣をニヤニヤ想像しながら作っていたのです。

ところが乗っ込み時に予想以上に水位が上昇したため,作った釣場の大半は
水没してしまいました。まさに愚かと言うしかありません。(^^;;;

そんな中唯一,何とか釣りができたのが下の写真の釣場でした。柳の間に作った
釣場で切り株の位置や床の傾斜等の状態は当然ながら把握しています。

残念ながら,小場所なので巨べらは釣れませんでしたが,
それでも40上〜37cm程度までの数釣りは楽しめました。

下の写真はこの場所で釣った40上です。タモですくうと卵がドッと出てお腹
が半分にしぼんでしまいました。まさにハタキ中の一服でエサを食べた魚でした。
またこの場所で運良く50上のハタキにも遭遇しました。
1日早ければ釣れる可能性もあったかも知れません?,いやナイか〜

まっちゃんの所属するBIGの会長さんは冬場に数十箇所もの釣場作りをします。
そんな地道な努力が年間50枚以上の40上の釣果につながっているのです。

乗っ込み時の釣場作りのポイントは,本流から如何にへらが入ってくるか?
床はなだらかなカケ上がりになっているか?,乗っ込み時に1本〜1本半程度
の深さになるか?水位が上がっても釣り続けられるか等を考慮して作成して
ください。これは自分への戒めも含めて書いてます。(^^;;;

また,まっちゃんは木を切るにしても,竿が引っ掛かる枝だけ切る等
必要最低限の釣り場作りを心がけています。できるときは邪魔な枝をロープで結び、
竿が振れるように逃がして、帰り際にロープをほどくといったこともします。

このように自分で作った釣り場でのへらは,たとえサイズは小さいにせよ
満足感があるものです。
と,負け惜しみを言ってるお気楽まっちゃんであった...(;_;)