(乗っ込み特集)
超浅場(50cm以内)の釣リ方
 
乗っ込みになればヘラブナは超浅場に群れをなして上がってきます。
各地のへらぶなの室生ダムのシーンがまさにその状況です。
超浅場しか釣座を構えられない状況では、どのような釣り方をすればいいのでしょうか?

その話をする前に、先ずヘラブナはどのような体勢で底のエサを漁るのでしょうか。
まっちゃんは透明度の高いニ津野ダムでその光景を度々目にすることがあります。
答えは下の図の様に逆立ちするのです。

それも不思議なことに全てのヘラブナが一勢にこのような体勢を取ります。
実際この時に食いが立ち、2、3枚パタパタ と釣れるときが多いのです。
この行動はヘラブナの口が受け口になっているためだと考えられます。

それでは反対に泳ぎ回っている時は全く釣れないかと言うと、
確率は随分下がりますが、それでも時たま釣れるのです。
その時はで釣れることが多く、底で釣れるときは活性があり
エサを追いかけて行って釣れることが多いようです。

それでは超浅場(ここでは50cm以内)ではどのような釣り方をしたら
いいのでしょうか。それは上で述べたエサの漁り方がヒントになります。
50cm以内の超浅場ではヘラブナは逆立ちすることができなく、に着いたエサ
食べることが難しいのです。これは巨べらになればなるほどそうなります。
この時無理に食べさせる?ためには浅くても下図のようにエサを少し浮かすのが効果的です。

それこそ浮子の下から直ぐハリスが下がることになりますが、
こうすることによってスレが減り,食べる確率が高くなります。
以前、あるダムで超浅場で釣っていたとき、隣の人は細い浮子で底釣り
まっちゃんは太く短い浮子で宙釣りをしていました。隣の人は
度々竿を絞りますが、殆どがスレ!、一方まっちゃんはたまにしか釣れません
が殆どが食べています。実はまっちゃんもダム初心者の時は隣の人と
同様だったのです。これは上で述べた泳ぎ回っている時にも
時たま食べる行動とよく似ていると考えられます。
 
それではもっと有効な釣り方は?というと地形を利用する方法があります。
ヘラブナの口は上向きなのでエサがヘラブナよりも高い位置にあれば
食べやすいのです。そこで下図のようにかけあがり途中に餌を打つことが

有効になります。この場合はエサを底につけても大丈夫ですが
スレを防ぐために、宙や最低でも下針とんとんを薦めます。
もし超浅場の小川のような場合では手前ではなく対岸の
かけあがりを長竿で狙う方がベターです。
もし平らなところであれば、スコップで浅場を 掘り込む方法もあります。
なぜかヘラは窪みに入って休憩?することが多いのです。
実際にまっちゃんの仲間はこの方法で恐るべき?釣果をあげています。
 
超浅場の釣り方はいかがでしたか。
この釣り方は上にも書いたように比較的浮力のある
短い浮子を使うことがコツです。(スレかどうか判断しやすいため)
またかかった途端に強烈に走るためハリスは太目、
穂先はしっかりと継ぐこと(出来れば振り出し)をおすすめします。
エサは少しでも視覚に訴えるため大き目がいいと思います。

もしスレばかりで釣れない!という時は試して見る価値があります。
それではがんばって巨べらをゲットしましょう!