の落とし込み釣法

これは日頃まっちゃんがEメールでお世話になっている青田のまーぼーさんから直伝の
釣り方です。特に深場のタナを探るときに有効だと思います。

先ずエサですが、マッシュ主体でできるだけ軽いほうがいいです。
これはタナを調べるためにゆっくりと餌を落とす必要があるからです。
例えば1:1マッシュをベースにして軽フでしめるといった具合です。
この時マッシュは水を大目に良く練ってください。煙幕状にバラけるのが目安。
まーぼーさんのエサは軽くて水に浮くそうです。(@@)

次に浮子ですが、なじみ幅が長いほうがタナを捜しやすいためベターです。
夜釣りでは多点や、光ファイバーの電気浮子、まっちゃんは細いトップにケミを使います。

ここからが重要ですが、ある程度目星を付けたタナよりも2尺程度深めを狙い
浮子がなじむ際の落ち込みに注力します。ちょっと疲れるけど(^^;)
途中サワリが出たら浅くし、なければ深くする。タナが合えばドスン!です。
なじみ際が勝負なので、なじみきってサワリがなければすぐにエサを切る。
ヘラがいれば必ずサワリがでます。

この釣りの難しいのは、巨べらの回遊時にタナがばっちりあった時のみ釣れるということです。
このために常にタナを探ぐるマメさが必要となるでしょう。まっちゃんは苦手ですが(^^;;

弱点としては、かなり目が疲れる、長竿では手がだるくなる、エサを大量に使う、
食い渋りに弱い等が考えられますが、落ち込みのドスンの魅力は一度味わうと病み付きかも?

下の写真は実際にまっちゃんがこの釣法の試釣りをして釣った相模湖のへらです。
この時は21時から釣り始めて、24時にアタリがありました。アタリはこれ一回のみ。
タナをいろいろ探っていて、1本半から2本に落とした直後に消し込みました。
竿は17尺で、立ちは3本です。ちなみに3月のヘラらしいヘラはこれ一枚でした。(;_;)
 
宙釣りで釣れるヘラは相対的に型が良いものです。これから水温も上がり、
ますますこの釣り方が威力を発揮する季節となります。
 

 3月19日に釣った相模湖の腹パンべら(38.5cm)