ボーズについて
魚が釣れないことをボーズと言います。
まっちゃんは今年(2000年)7月から10月半ばまで3カ月半の間ずっとボーズでした。
ほとんど毎週通ってですので14、5回ぐらい、
土、日と続けたこともあるので20日以上ボーズが続いたことになります。

ダム釣りでボーズには慣れてる(^^;;とはいっても今回だけは少し堪えました。
しかし世の中、上には上がいるものです。

この前、山田で会った釣人は、あるダムに通いつめて何と2年間ボーズなのだそうです。
シーズン中は毎週、片道3時間半の道のり、往復の交通費は6千円以上になるのです。
ちょっと普通の人では考えられないかも知れません。

私は”そんなに魅力的なダムなんですか?”と尋ねると
頷いて、”目の前を泳ぐ60cm、見てるしなあ”と言っていました。

何としても、そのダムで釣ってやろう!
ダム師としての意地、というかこだわりがあるのでしょう。

まっちゃんも今回、ボーズが続いてもダムを変えませんでした。
何か、ここで変わったら自分から逃げる気がしたんです。

でも、ボーズは考えようによっては自分の未熟さや
自然の難しさを教えてくれる指標にもなると思うのです。

巨べら釣りにはボーズがつきもの!
もし仮に、誰もが毎週、50上をいとも簡単に釣っていたら
こんなに熱中する巨べラファンはいなかったと思いませんか?