フラシについて
まっちゃんはダム釣りを始めた頃はフラシを使っていました。
何となく、それがヘラブナ釣りのスタイルだと思ったからです。
しかし,ダム湖で知り合った釣仲間から,魚が痛むのでフラシはやめたほうが
いいと言われ,それ以降はほとんど使っていません。

今年,相模湖でお腹や体全体が病気のように白くなったヘラを
たくさん見ましたが,あれはもしかして,フラシに入れられたヘラが,
ヌメリが取れてそうなったのではないかと想像しているのです。

以前上野原で地元の常連さんがドボンで40上を連発するのを見てましたが,
その方は小さいフラシに20枚以上の40上を入れていました。
流石に見ていてヘラがかわいそうに思えました。

野釣りにおいて,フラシに入れる必要性はどれくらいあるのでしょう。
大会ならともかく,通常の釣りでは即放流しては?と思うのですが。

野べら師でフラシを使う人は,時合がある時に魚を続けて釣って
後で検寸した方が良いと言いますが,確かに一理あると思います。

しかし,まっちゃんは1枚釣れたらある程度満足できますし,この理由は
そんなに大きな意味を持たないように思えます。
検寸して,写真を撮ったところで、たかが5〜10分くらいです。
実際そうして過去に40上を立続けに5枚釣った経験もあります。

もう一つの意見として,魚を逃がす時,集まった魚を引き連れていくので
フラシに入れるほうがいいということを聞きます。

これは真偽のほどはわかりませんが,十分考えられると思います。
まっちゃんはこの話を聞いてからは,特に短竿の場合は
逃がす時はできれば少し離れた場所で逃がすようにしています。

それではどうしても大きな魚をキープしたい時はどうするかと言うと,
関東ではあまり見ませんが,まっちゃんはひもを使ってエラ通しにします。
これは魚にとって良いか悪いか分かりませんが,
フラシに入れるよりは随分ましだと思います。
ひもの長さは水位の変化にも因りますが大体2〜3mくらいにして泳がせておきます。
こうすることで尻尾も切れず,体から血を出すこともなくキープできます。
いずれにせよ、魚を早くリリースすることが基本ですね。

二津野ダムにて

この文を読まれた読者の方からのご意見です。→GO