釣針について
多少なりとも釣りにハマりだすと、釣針に対しても何らかのこだわりを持ちはじめます。

釣針の持つ大きな要素として大きさと重さがあります。
大きさはつけられるエサの量と、重さはエサの沈下速度と関係します。
だからどういうエサを打ってどういう釣りをするのか
ということで使うべき釣針の種類や大きさは大体決まってくると思います。

最近はダムヘラキープの廃止に伴って、オーソドックスなヘラ鮒スレをよく使っています。
針は頻繁に付け変える方なので般用品がありがたいのです。

まっちゃんは季節によって号数をどんどん変えていきます。
アタリの渋い冬場は5号まで落とします。
これはほんの少しの吸い込みでも口の中に入ることを祈って(^^;;です。

乗っ込みの当初は8号、後半は9号を使います。
この時期の針は多くの人から小さいと言われますが、
殆んどが落ち込み釣りなので、できるだけエサをゆっくり沈めたい、
スレを少しでも防ぎたいという気持ちがあります。

6月くらいになると逆にブルを意識して大エサ&早く静めるため10号〜11号を使います。
8、9、10月は11号で通し、11月くらいからまたサイズを落とし始めます。

これとは逆に一年中、冬場でも20号くらいの針を使っているダム師さんは周りにたくさんいます。
それはそれで、その人の考えや信念、釣り方があるので立派だと思います。

まっちゃんが針のサイズを季節によって変えるのは、 ボーズの多いダム釣りで
少しでも釣る確率を上げたいと考えているからです。

大きな魚だけを選択して釣ることは非常に難しいことで、
魚が釣れその中でデカイのが来ればラッキー!というお気楽な釣りを目指しています
(^^;

針は魚との唯一の接点であり、それを意識すれば針選びも疎かにはできないカモ。。。
針、エサ、ハリス、浮子、釣り方等
これらが全ていいバランスを保つことが重要で、
今後のまっちゃんの課題なのです。

話はかわりますが
コイや障害物にかかれば無線ボタンを押すと
真っ直ぐに伸びる針があればいいと思うのはまっちゃんだけでしょうか(^^;;