21世紀の巨べらは?
野べら釣りが本格的に始まって、かれこれ40年以上は経つでしょうか?
まっちゃんの子供の頃は巨べらと言うと、西湖のオカメべらが有名だった記憶があります。

その当時は40cm上でも十分に巨べらと言えたのではないでしょうか。
例えば関西の津風呂湖などは37cm以上を釣るとバッジがもらえたそうです。

ところが最近は尺半を釣っても誰も驚きませんし、
50上を釣っても珍しいことではなくなっています。

ここ数年、確実にへら鮒は大型化している気がします。
理由はよくわかりませんが、
30年以上経過したダムが増えた、
品種改良が進んだ、外来魚の影響、温暖化?
様々な要因が絡んでいるのかも知れません。

少し前にテレビで3mのコイが上がった話が出てましたが、
よく調べて見ると、染色体の数が3つある3倍体であることが分かったのです。
通常は2倍体であるものが、自然界の何らかの影響で異常が起きてしまい
その結果、巨大化したことが分かったそうです。

これが仮にヘラブナで起きたとすれば?
1mのヘラブナも有り得る
と思ったのはまっちゃんだけでしょうか?(^^;;

あくまで未確認情報ですが、まっちゃん自身
去年は60cm以上が上がったという情報を3件聞いています。
中には日本記録を超えたサイズもありました。

こうなってくると50上はただの通過点とさえ思えてくるのです。
(とか言いながら一生釣れない可能性もかなり高いのですが....)

それでは、ヘラブナは今後ますます巨大化して行くのでしょうか?
個人的にはそうあってほしいと思いますが...
もしかして2、30年後には、70cm級のヘラブナが上がっているかも知れませんね。