(このひとり言はずいぶん以前に書いたものですが50上を釣るまでは封印してました(^^;;)

よく巨べら釣りでは50上を何枚釣ったと自慢気に言う方がいます。
確かに釣ったもん勝ちの世界です。

それはそれで立派だと思いますが
50上はあくまで結果であって、釣った(釣れた)=名人ではないと思うのです。

休みが月に何回あるか、平日か休日か、融通が利くかどうか
通う釣場や自宅からの距離等、各人によってまったく状況は異なります。

特に最近は携帯の普及で、ハタキや好調な情報はいろんな所から飛び込んで来ます。
すぐに飛んで行ける人はますますビッグチャンスが増えますが
逆に通常のサラリーマンでは休みになって駆けつけた時には既に終わっていたり、
ポイントに入れない状況がほとんどではないでしょうか。

だから、ダムを攻めてますが”40cmまでしか釣ってません”などと言って
卑屈になることなど全くないと思うのです。
それが誰も釣ったことがないダムや、苦労して作ったポイントならば立派だと思います。

それではまっちゃんにとって、巨べら釣りの名人とはどういう人なのでしょう。

人が釣れてないときになんとか工夫して型をみる人
誰も釣ったことがない場所を開拓したり、釣り方で結果を出す人

仲間内でポイントを囲い込んだり、人の間に割り込むのではなく、
一人静かなところに入って釣果をあげる人

人の情報も黙って聞き、講釈を垂れたり自分の意見を押しつけない人

実際、こんな人にはなかなかめぐり会えませんが、それに似たような人はいます。

その方はバイタリティ溢れ、既成概念にとらわれず時折感心するような釣りをします。
50こそ上げてませんが、多くのダムで数え切れないほど49cm台を釣られています。

まっちゃんはそんな人に少しでも近づきたいと思っているのですが...