玉網(タモ)について
もうずいぶん前の話、4月末の山田、紀の国、最上流のナイターでのこと。
そこは満水になれば足場がなく馬鹿長、大台で立ちこまなければ釣れないP、
更にわからないようミオからエサ打ちポイントまで草が刈り込んである。

立ちは11尺で1本ちょっとの床、夕方からエサ打ちをはじめた。
ナイターになりブルが数枚アタッた後、8時、ドスンと電気浮子が消しこんだ。
魚がノッたものの全く暴れずにスーッと近づいてきた。

手前の草は刈ってなかったのでタモを伸ばして魚をすくったものの
重くてタモが持ち上がらない。さらに尻尾が完全に入りきってない様子。
仕方なく、そのまま水面を滑らせてこちらに寄せようと思った瞬間、
おとなしかった魚が急にガバッと暴れて玉網から飛び出した。
片側のハリスが玉網に掛かっていたため1.5号のハリスが飛んだ。

まっちゃんしばしボー然。
タモは40cm枠だったが、網の底が浅いものだった。
次に来た尺半(いい型でした)がどれほど軽かったか(^^;;

こんな経験はダム師なら誰もが一度は持っているハズ。
これ以降、タモの網は底の深い海釣り用のものに換えた、値段も安いし(^^;

タモは大きさもですが、網の深さが最も重要だと思います。
すくった後に玉枠が水面から10cmくらい出れば滅多に逃げられることはないと思います。

津久井湖の常連さんは50cm枠の磯玉を持っていましたが、普通のヘラ師さんが見ると
コイ釣りと間違ってるんちゃうか!と言って笑うかも知れません。

でもこの方は実際50上を何枚もすくっているんです。
その大きさや重さを知っているからこそ、こんな玉網を使っているのです。