横山ダムのナイター
10月のはじめ、ニフティ波紋の集まりで横山ダムに行くことになりました。
まっちゃんはどうせ高速代を使って行くのなら前の日から行こうと思い、
土曜日から横山ダムの偵察に出かけたのです。
横山ダムは岐阜の上の方?に位置し、周りには何もない辺鄙なダムです。
朝10時ごろ減水したダム湖を周っていると運良くへら師に合い、最近の状況、
釣りかた等、いろいろ話を聞かせてもらいました。

その日は疲れていたので昼寝をし(この辺がお気楽)、夕方から釣りに入りました。
夜になり、数人いた釣人はみんな帰り、まっちゃん一人になりました。
山深いので電気を消すと真っ暗になります。おまけに雨が降りそうな気配。
こんなところでナイターしているのは自分ぐらいだろうと思いながら釣っていると、
夜8時ごろ、車が上で止まり、誰かがライトを着けて少し険しい坂を降りてきました。

はじめはもじりさんが見に来てくれたのかと思いましたが、どうやら違うようです。
こんな時間から、こんなところにナイターにくる人もいるんだ!と感心。
結局釣れないし、雨が降ってきたので9時ぐらいに上がりましたが、
その猛者と一言話をしたいと思い、立ち寄って声をかけました。

話を聞くと、思ったよりも若い(たぶんまっちゃんよりも)人で、ここ(横山)は
ナイターの実績が全くないので、意地でも釣ってやろうと通っているとのこと。
しかし残念ながら実績どおり、ずっとボーズが続いているらしい。
どうりでナイターしてもへらの気配がないわけだ!

しかし、まっちゃんはこの人の気持ちが良くわかる氣がします。
釣れないと言われたら意地でも釣る、誰もしないから自分が実績を作る、
これはまさにダムへらスピリットではないでしょうか?

例えボーズが続いても、このように信念をもってる人は応援したくなります。
最後に、”がんばって下さい!”と声をかけてその場を離れました。

こんな若者がいるとは,まだまだダムヘラ界も捨てたものでもない、と
うれしく思いながら雷雨の横山ダムを後にし、待ち合わせ場所の道の駅に向かいました。
道の駅には既にもじりさんが待っていました。