佐久間ダム釣行記(7/24〜26)
佐久間ダムは天竜川をせき止めた愛知と静岡と長野の3県にまたがる
巨大なダムだ。
まっちゃんは以前奥矢作ダムで釣っていた時,たまたま出会ったF氏に連れって
もらったのが初めである。
去年,今年(99)と,年に数回攻めているが,まともな釣果を上げたことがない。
しかしそれでも懲りずに通うのは,まっちゃんの関西でのホームグランドの
ニ津野ダムと雰囲気が良く似てるからだ。
先ず第1に温泉(週3日だけだが)があること(ポイント高い),
濁りが入りやすく昼間でも短竿で大型が狙えること,
それにまだまだ未開のダムであることが最大の魅力である。

知る人ぞ知る巨ベら釣場で,来れば40前後で,尺半上も結構釣られている。
ただ魚影はお世辞にも濃いとはいえず,数回通って型が見られれば良い方である。
水位の上がり下がりが比較的大きく,タイミングが難しい。

ダムの片側のみに曲がりくねった道が通っており,人がまともに降りれる場所は
ほんの数カ所しかなく,そこがおのずとポイントとなる。
夜中に車を走らせると,カモシカや野うさぎに出くわし,
まさに秘境と呼ぶに相応しいダムである。

今回はたまたま20日の休みが出勤で月曜日に振り替えとなったため,
多分釣れないと思ったが,避暑をかねて訪れた。

7/24(金)
夜8時に横浜を出て,佐久間ダムについたのが夜の12時すぎ,
日中は暑くて釣りにならないと思い,多少強行だがナイターを行う。

竿12尺でたな1本ちょいの床。
水位は思ったより低めで更に少しずつ低下している。1時すぎからエサ打ちするが
2時過ぎにサワリが出てマブナが釣れる。その後,再びサワリが出て,チクとした
アタリで合わせるとボコボコとでかい音を立てて魚が暴れる。
強引に引っ張るとノソノソと寄ってきた。手ごたえから40上はありそう。

タモにすくって見るとデカイ!が,
体は完全にヘラなのだが,目つきが妙にマブナっぽい気がする。
佐久間ダムには見た目は全くへらなのだが,上唇を引っ張ると伸びる
佐久間べらという鮒がいる。
試しに口を引っ張ってみたが伸びなかったが,
まっちゃんは100%へらとは断定できなかった。(読者の判断に任せます)
念のため計測すると43.5cmあった。
問題の魚?顔がいかつい

しかし,どちらにしろ幸先がいいと思って釣り続けたが,それっきり。
水位はどんどん下がり続け,後はチャンマブのみに。
3時過ぎに運転疲れもあり納竿とした。

 7/25(土)
9時過ぎに目を覚まし,朝食を食べる。周りを見ても釣人は誰もいない。
既にシーズンオフで,こんな暑い最中に来る奴は正気ではない。
要するにまっちゃんの貸し切り状態である。(^^;;
土曜日の釣場、遠浅
水位は昨夜からかなり低下しているので15尺を出す。 1本半の床。
途中から徐々に水が上がってきた。
10時から12時までエサ打ちするが,チャンマブとチャンゴイがほとんど。
途中1枚35cmクラスが来る。今度は間違いなくヘラだ。

12時過ぎまでエサ打ちしたが,
暑さに耐えきれず,少し離れた温泉(おきよめの湯)に入りに行くことにした。
温泉から出た後は食事処早木戸さんで鮎定食を食べ,
夜釣りに備えて日陰で休む。

18時ごろ起きだし,状況を伺うが水位は再び下がりだし今夜は期待薄。
ナイターするも再びチャンマブやチャンゴイのみ,
1枚だけ35cmクラスが来ただけで2時過ぎに納竿。
水位が下がり過ぎて釣りにならなくなった。
大水の後の泥がかなり厚く堆積しており,
釣台をこれ以上前に出せなくなったからだ。
しかし途中から2時間ほど雨が降り出し,何とか明日に期待?

7/26(日)
9時ごろ起きると水位は多少戻している。雨の効果か?
しかし,これ以上水位が下がると再び釣れなくなるので場所移動を決める。

入ったポイントは右に大石のある場所で柳と柳の間を狙う。
昼間は水が澄んでいるため15尺を出すが昼前までアタリがない。
12時過ぎからアタリ出したがマブナのみ。
大岩の名ポイント

昼は富山村で唯一の茶店栃の木で昼御飯を食べ再び木陰で昼寝。
5時半ごろから竿を12尺に変えてエサ打開始。
水位は少しずつ上昇し,今夜は期待できそう?
多少流れがあるのでサワリが出ると浮子が移動してしまう。
このため途中から軽めの浮子でドボンの釣りに変更。

二ゴイ,チャンマブがあたった後,6時過ぎズルーというアタリで合わせると
ゴツンと手ごたえがあり,沖めにヘラがポッコリと浮く。
見た目40cmちょっとだがいいヘラだ。
取りあえず強引に寄せて来てタモで掬おうとした時,
無情にも針が外れる。掛かりが浅かったのだ。痛恨のバラシ。
ドボンの釣りはこれが良くある。
しかし何もこの貴重な1枚で起らなくとも。全身の力が抜けた。

ナイターに突入して再びチャンマブばかり。本当にマブナが多い,
というかヘラが少ないというか。

11時過ぎ,サワリの後のツンアタリ。
またチャンマブかと思って合わせると重い。
強引に引っ張るとボコボコしながら寄ってくる。
もしや!と思い電気をつけずに掬おうとしたが
掬い損ね,沖に突っ走る。キュ〜ン!と糸鳴り。
もうダメかと思ったが何とか持ちこたえる。(ハリス1.5号)
2度めも掬い損ね,3度めでやっと掬えた。腕はもう棒状態。
良くバレなかったものだ。
電気を照らすと紛れも無くヘラで40上はありそう。計測すると41.5cm!
型はいまいちだが佐久間で初めての40上である。
佐久間で初めての40上

取りあえず写真を撮って放流。
再びエサ打ちを開始して11時半ごろ、同様のアタリで重いのが乗る。
ユタユタと走るので間違いなくヘラだ。
今度は慎重に掬う。さっきよりは一回り大きいそう。
計測すると44.0cm ちょっと細めだが,良しとしよう。
暴れてズレタ!

その後は再びチャンマブとなり,水位も急速に低下してきて釣りにならなく
なったので2時ごろ納竿とした。
ぐっすりと寝た後、途中カジカの湯に浸かってゆっくりと帰路についた。