高山ダム釣行記(3/31〜4/2)
今年に入り、かれこれボーズ釣行が10回以上は続いているだろうか。
そのうち今年の初べらは是非高山でと思うようになった。
しかし、高山はいつも相性が悪く、1割に満たない低打率である。
さらに土日はいいポイントに入るのは絶望的。
高山が難しいのはヘラの食い渋りもあるが、人の混雑が一番の要因。
そこで1日休みを取って、決死の高山突撃作戦に出た。

木曜日、会社が終わって車を飛ばし、高山治田(はった)に着いたのが夜11時過ぎ。
入ろうと思っていたポイントにはすでに先客が...
ハタキが始まっているせいか平日とはいえ、既に8割ぐらいのポイントがうまっている。ウウッ。
とりあえず、その方に状況を聞くと、42cm一枚とのこと。
その方は常連さんで、時合は昼の11時から1時の間、
水、木の日中は良く釣れたと教えてくれた。
その方の薦めもあって、少し下手に釣り座を構える。

2時までナイターするがスレアタリのみ、マブナ一枚でダウン。

3/31(金) ついに初べらゲット!
朝8時30に起きると金曜とはいえ更に人が増えている。
簡単に朝食を済まし、いざ餌打ち開始。
まっちゃんが入ったポイント竿8尺 1本半弱
聞くところでは時合は早朝にあったらしく、昼までマブナ一枚のみ。
時たま近くでハタくがスレアタリばかりでまったく食い気なし。
ま、こんなもんです、高山は。

昼時合と聞いていたため、昼御飯も食べず餌打ちを続ける。
12時半
ふわをかけてゆっくりなじんでいくトップにサワリが出た
と思ったら、すぐにスーと上げてきた。
食い上げだ!午前中のマブナと同じアタリ。
スッと軽く合わせると重い。
ボコッと浮いてきたのは40はありそうなヘラ!
腹パンで比較的暴れずにすくえた。ついに初べらゲット!!
年休取った甲斐が〜、うっ、うれしすぎる〜〜〜!
2000年初べらは高山の腹パン40上

早速計測すると41.3cm、初べらとしてはまあまあだ。
その後は再びスレアタリばかり。

夕方に二ゴイ、マブナが釣れただけでナイターに突入。
ナイターに入ってマブナが3枚きた。
あきらめムードが漂った10時ごろ再び食い上げで39.5cm
またもや腹パン、頭が小さく典型的な高山べら

その後12時ごろに時合がありマブナが2枚釣れた後、尺1寸くらいのヘラ。
明日は早朝時合を狙おうと早めに就寝。

4/1(土) エイプリルフールの贈物?
次の日6時30に起き、食事もせずに餌打ちを開始するがアタリなし。
昨日と打って変わってハタキが少ない。
どうやら満水になり水位の上昇が止まったのが効いたよう。
午前中はアタリ1回きりで二ゴイのみ。

これは期待薄と思っていると、BIGのTさんが昼前に来られ、
少し離れた横に釣り場を作り始めた。一応初べラが釣れたことと、昼時合を伝えた。

12時過ぎ、二人で話しながらエサ打ちしてると
なじんでいくトップが少し止まり、バスッ!と消しこんだ。
すかさず合わせるとびっくりするような奴が浮いてきた。
見た瞬間、軽く尺半はあると思うくらいの迫力。

腹パンで全く引かず、プカプカしながらゆっくりと寄ってきた。
すくったがかなり重い。2Kgは軽くありそう。
Tさんがかけ寄ってきて、計測してくれたが44.8cmしかない。
しかし、その迫力はまさしく関西の雄、高山べら。
迫力の44.8cm、何で尺半ないの?

早速、Tさんに記念写真を撮ってもらった。
本当にいいところに居合わせてくれた。感謝!
その後、アタリもなく釣場を離れ上野まで食料買出しに出かける。

夕方からエサ打ちを開始するが、まったくアタリなし。
状況はどんどん悪くなる一方でハタキも殆どなくなってきた。
12時に納竿し、集まってきたBIGの仲間と2時半過ぎまで宴会。

4/2(日)
朝起きると既に10時半、上流の名張に行くとBIGのメンバーが朝から鍋。
ハタキも全くなくなり状況も悪いため、宴会に合流、総勢8名で昼間から鍋をつつく。
1時ころ、へら同様腹パンになってきたところで、抜けさしてもらい月ヶ瀬温泉に行く。
600円でタオルつき、露天風呂があって高山釣行の楽しみのひとつだ。
ゆっくりした時間を過ごした後、再び治田上流で軽くナイターするが、
アタリがなく、早々に帰路についた。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる。たまにはいいこともなければね!
ちょっと暴れてゴミがついたのが残念