00・10・27,28 山田ダム

10月27日
先週はやっとボーズ地獄から逃れた。
ようやく攻めるパターンとヘラの動きが一致してきた。

金曜日、会社が終わり車を飛ばして山田に着いたのは11時前。
以前からずっと狙っていたポイントに入る。
そこは陸から水中にオダが覆いかぶさっている場所、
夜中になるとモジリが近く、前々から一度釣って見たいと思っていた。

しかし、実際に入って見るとオダだらけで竿が振れる状態でない。
どうしようか思案したが、どうせならと
数箇所ノコギリでオダを切りなんとか竿が振れるようにした。
全身汗だらけ。ようやく釣りをはじめたのは夜中の12時前。

先週と同じ竿15尺で3本弱の床。縁起を担いだ。
エサ打ちを続けるがアタリがない。
釣り場を騒がせたせいか、近くでモジリもない。

2時ごろ流れが出て、浮子が少しシモリだした。
緑色の一灯式の電気浮子がかろうじて水面に浮いている。
そのうちフワフワと浮き上がり出だした。
上下を何度か繰り返した後、
チクッで合わせると25cmくらいのマブナ、少しがっかり。

さらにエサ打ちすると今度はプスッと浮子が消しこむ。
前触れがなかったので慌てて合わせたが空振り。
再度エサ打ちするとなじみ際でさわった後、しばらくしてプスッと消しこむ。
合わせた瞬間、グッと重量感がある引きこみ、ヘラだ!

いったん止まってゆっくりと動きだす。その重さと動きから巨べらと直感!
なかなか浮いてこないので、ついに仁王立ち。
ボコボコボコッ!と強烈な水音、やはり尺半は越えている!
もしかして上がらないかも知れない...、津久井湖のあの時のバラシが頭をよぎる。

15尺の竿がキイキイしなる。手が完全にしびれてきた。
周りの水没したオダにからまないように祈る。
しばらくしてようやく寄ってきた。
なんとか運良く?玉に入った魚をみると引きのわりには小さい。
圧倒的なパワーを見せた。

全身の力がいっきに抜けた。計測すると47.2cmのオスべら!
しかし引きの強さは文句なく一番であった。ヘラさんに敬意を示そう!
ハリス換えてて良かったあ〜

その後アタリがなくなり3時すぎに終了。
一枚でも十分に満足した。

10月28日
次の日は朝から雨、予報では夕方から降り出すはずだったのだが...
昼間は相変わらす昼寝をしたり、鍋をつついたりでゴロゴロ過ごす。
夕方5時半からスタート、雨のせいか既に真っ暗、季節の移り変わりを感じる。

雨なので緑、赤の2灯の電気浮子で釣り始める。
昨日と同じポイントで竿12尺。
アタリはあるが一枚チャンマブ混じりでブルばかり。
モジリもほとんど見られない。今日はダメか〜!

途中、水中のオダに道糸が絡まり、穂先が折れる。クー!、時間は10時半。
もう一時間遅かったら道具を片付けたが、まだ少し早いとあって昨日と同じ15尺を出す。
11時半を過ぎると雨が小降りになってきた、と同時にちらほらモジリが出始めた。
いけるかも知れない。

12時過ぎ、ようやく動きだした浮子。チクッとしたアタリでブルが乗ってきた。
次に餌打ちすると同じような小さいアタリ。
またブルかと重いながら合わせるとグッと手ごたえがある。
しかしあまり引かない、動かない?スレ?

そのうちボコッと水面に出てきてユタユタしながら寄ってくる。
ライトで照らすと大きな口を開けたヘラ。
すんなりタモに納まったが、上げようとするとやたら重い。
見ると今にも卵が飛び出しそうなお腹。
計測すると46.7cm しかし昨日のものよりも一回り大きく見えた。
とにかく重い。しかしまっちゃん眠そうです。

周りは不調というのに俄然、釣運好調のまっちゃんであった。
人生山あれば谷あり、釣りもまたしかり?