00・11・18,19 山田ダム

相も変わらず山田通いが続く。
何とか50上を釣ってやろうと意気込んではいるものの...

11/18
昼間は用事もあり、山田に着いたのは夜10時過ぎ
11時から餌打ちすれど、全くアタリなし。
時折近くでいいモジリは出るのだが...

12時過ぎから空は晴れ冷え込みが厳しくなる。
おまけに月夜で明るい。もう少し深場を打てば良かったか。
反省するも、移動する気力も萎え、夜中の3時にギブアップ。
さすがにノーアタリはさびしい。

夜の冷え込みとともに、ヘラの時合も早くなっているのか?

しかし、大型がよくもじった気になるPがあった。

11/19
昼前までぐっすり寝て、
釣仲間と食事をしながら釣談義で時間をつぶす。
夕方5時前から釣り開始。
今日は日曜なので夜8時半までの釣り。

ヘラが無理でもマブナだけでも釣ろうと思い,
昨夜気になったミオ近くのドン深を狙う。19尺の4本ちょっと。
いつもはあまり釣らない深さだが昨日のノーアタリが堪えた。

先週はブルの猛攻で撃沈したので、
固めの餌を大きくつけ、ずらし気味で釣る。
”食えるもんなら食ってみろ!”

案の状、アタリが少ない。ブルの猛攻よりはよろしい。
6時を過ぎると微かに浮子に変化が出だした。
魚の気配はあるのだがアタリがでない。

床が悪いせいか?すでに大きめの沈み枝を2本引き抜いている。
試しに浮子を10cm程下げてみた。床とんとん。
すると馴染み際に浮子がツンツンと入った。

合わせると比較的スーッと上がってきた、マブナ?
しかし水面近くで右に左に泳いでなかなか寄ってこない。
どうやら大型のヘラのよう。もしかして...

ボコッボコッという大きな水音が立つ。
19尺なので強引に引き寄せることもできない。
頭上に木が出ていたので引っかからないように注意し
ひたすらヘラが弱るを待つ。

しばらくしてフッと浮いて静かになったので引き寄せると
うまくタモにすべり込んた。思ったより大きくないが尾っぽがやけに長い。

 ノコノコ釣れたヘラ、4本の床

軽く計ると47、8cmあったので
タモに入れたまま釣り仲間に見せに行った。
検寸してもらうと48.1cm 型はイマイチだがせっかくなので記念写真。

おそらく昼間のドン深から浅場に回遊しかけのヘラを
運良く捕えることができたのだろう。
その後40cm級のマブナを一枚追加して終了。
本来はこれ狙いだったはず?(^^;;
大型はどこで釣れるかわからないものだ。

まっちゃんの50上への道はまだまだ遠い。

 ヘラの持ち方失敗です