00・12・3,16 山田ダム

12月3日(日)
昨夜は夜8時半ごろ、巨べラと思われるやり取りがあったが
途中で痛恨のバラシ、ク〜!
その後アタリなしで結局ボーズ。
冷え込みがきつく気温は3℃以下に、
ストーブ焚いても寒かった...

日曜日は朝から雨なので帰ろうと思ったが
釣仲間がナイターかけるというので、ちょっとだけお付き合い。
つき合いがいいのも困りもの (^^;;...

夕方から雨が上がり、曇り空で気温は暖かめ(5℃前後)
風もなく雰囲気は良さそう。

夕方5時すぎから餌打ち開始。
竿13尺、2本半の床。
餌打ちしばらくしてブルがさわりだした。
落ち込みから小刻みにあたる。

夜7時15分ごろ、またブルか、と思っていい加減に合わすと
重い、アレレ??
ユタユタ動きだしたあと水面を走り出した。
どうやらヘラ。
上げると42cmジャスト。
もう一枚と思って餌打ちしたが、
40上のマブ、マブ、マブの3連荘になりギブアップ。
ブルと思って合わすとヘラ!青いぞ(^^;;
 

12月16日(土)
山田に着いたのは3時半、釣り仲間の長老が来ていた。
様子を聞くと全くアタらないとのこと。
取り合えず釣り道具を出して用意を整える。
この時期、5時ぐらいには暗くなるので
4時過ぎから早めの夕食を取る。

餌打ちを開始したのは5時過ぎから。
竿15尺、2本半の床。
餌はいつもの新べら+イモグル+マッシュ。
水温を計ると、この時点で11℃、
先週よりも1℃下がっている。

9時過ぎまで餌打ちすれどノーアタリ。
時折り微かに浮子を上げるがそれっきり。
やはり急激な水温の低下がきいたのか...
この時期のナイターは9時半までにアタリがなければきびしい。

今日もだめか、と思いかけた時
フッと浮いた浮子がカツッと小さく刻んだ。
慌てて合わせたが空振り。
”ええアタリ〜”と、思わずひとりごとが出る。
明らかに食う意志のあるアタリだ。

期待を込めて餌打ち。
馴染んでしばらくして浮子が大きく上がってきた
と思ったらドスンと押さえ込み。

まさに絵に描いたようなアタリ。
グッと手ごたえがある。
一瞬大物かと思ったが水音でイマイチだとわかる。
取り込むと少しお腹が出ている。
41.8cm

この時の水温は10.5℃。
この後10時半まで打って終了。
すこし腹パンぎみ

日曜日に再びナイターかけようと思ったが、
雨のため早々に帰路に着く。

この時期の雨は急激な水温低下で食い渋ることが多い。