山田ダム釣行記(4/22〜23)
4/22(土)
金曜日、新幹線の出張から帰宅したのが9時半、風邪気味と出張疲れが重なって
体調は最悪だったが、取りあえず用意をして山田ダムに走った。
夜中の12時過ぎ、紀の国ワンドへ到着したが、すでに車の置く場所がない。(^^;
軽く様子を聞くとハタキが始まっていて釣れていると言う。
小さい川なので、これだけ入ると釣り堀の間隔より狭い?
こんな所に後から入って釣る気がしない(これだから50上が釣れない(^^; )ので、
仕方なくダムサイトの第2ワンドに向かった。これが今回の大きな敗因となる。

案の定、こんな所を攻める人はなく、全くの貸切り状態。
1時過ぎからナイターに入ったが、それでも時たまスレアタリが出る。
2時半過ぎ、ウキが鋭く消しこんだ。腹パンの43cm。
 ダムサイトの腹パンべラ、イカつい。
朝までナイターするが、次第に気配がなくなる。
早朝水面を見ると透明度が高く、へらが数枚見れるだけ。

仕方なく紀ノ国にもどってしばらく寝ることに。疲れがどっと出て昼まで爆睡。
昼前に起きると、釣友がきて本流筋の最上流は未だ入れると言うので
野田原のバックウォータに向かった。
薄濁りの中に尺半は優にある腹パンべらがうろついている。
少し下手では53cmが出ているとのこと。
竿7尺、昼過ぎから餌打ちするが全く食わない。時たま周辺でヘラが上がる。
夕方下手を見に行くとフラシの中には尺半以上のへらがたくさん。
検寸しているのは49cm以上ある腹パン。明らかに最上流よりも型はデカイ。

アタリがないままナイターに入る。暗くなって7時半、バスッと電気ウキが入った。
軽く合わせるとスーと上がって来た。食いだ!
ゴミよけの竹に絡まったが、うまく外れて無事、取り込みに成功。
念のため口の中に入っている針を確認。
パッと見た目40そこそこと思ったが尾っぽが長く検寸すると46.3cm
今年の初尺半だが、型はいまいちだ。ようやく釣れてホッとする。
 今年の初尺半。型はいまいち

夜9時ごろ、ウキの消しこみで合わすとデカイ奴がスレで浮いてきた。
薄暗闇の中でも通常のへらではないのがわかる。
暴れずに玉ですくうと重く、片手では全く持ち上がらない。
両手でやっとあげると腹パンで異常にデカイ(@@)
念のため?計ってみると52cmを少し超えている。クッー!!
”今度は口にかかって再会しよう”と言ってそっと水に返した。

50上のへらを実際に見たのは初めてである。
この日は体調の悪さもあり、夜10時で終了。本当に疲れた〜!
4/23(日)
次ぎの日は少し時合い落ちで午前中に40.5cmを追加して終わった。
 野田原の上流、7尺の際打ち
結局土日で釣れた魚は3枚、スレで上がった魚は3枚。
釣った時間の割に釣果がない。
自分の下手さ加減にホトホト嫌気がさした釣行となった。 まだまだ青いぞ〜!!

余談であるが、今回の釣行では釣った魚を持って帰る人が何人もいた。
それもそんな人に限ってスレでバンバン引っ掛けている。
話しを聞いていると自分たちの野池に放すとのこと。
見ていて同じへら師として情けなくなった。