00/4/30,5/1 津久井湖
待望のGWがはじまり、四国遠征を計画していたが、どのダムも水がないとのことで
掲示版の報告で水位が急激に上がった津久井、相模湖に急遽行き先を変更。
いろいろお世話になった釣り仲間との再会も楽しみだ。

4/30日の昼過ぎ津久井湖に着き、先ず道志の方を見に行く。
思ったより水が澄んでいて、へらが浅場をウロウロしている。ちょっと遅かったか?
釣りになりそうもなかったので、比較的空いてそうな沼本の下手を見に行く。
すると、こちらはいたる所でセっていて泥濁り。
これはチャンスとばかりに餌打ちを開始するが、ポイントも悪いせいかどうも食いがわるい。
上手の釣り人は入れくいさせている。やっぱり下手。(^^;; 時おり、尺半以上のへらがスレでかかる。
結局39cm一枚出ただけで納竿。げん直しに相模湖の五感の湯につかりに行く。
(18時以降700円、19時以降600円 )

次の日(5/1日)さらに下流のポイントに入ったがアタリなし。
その後、津久井湖常連のNさんがここに入れと釣場をかわってくれたが、
42.5と40前後を2枚釣っただけ。ちょっと時合落ちか?と苦しい弁明(^^;;;
(Nさんすいません)
結局、津久井湖は諦めて相模湖上野原に行くことに。
津久井湖では大物にめぐり合えず(;;)

00/5/2,3,4 相模湖
5/2日、上野原対岸の学校前のワンドに入った。
へらマンテスさんが津久井湖のオールナイトの帰り
わざわざ上野原に会いにきてくれた。久しぶりの再開に話しがはずむ。
へらマンテスさんも奥の小さいワンドで釣りだした。
さらに小ワンドで釣っている方に話しを聞くと何とEメールをしているスーさんだった。
津久井湖で数回会っていたが名前を聞いてなかったのでわからなかった。この世界は狭い?。

1本半の床で昼まで餌打ちするがアタリなし。ふとワンドの対岸の浅場を見ると、ヘラの帯ができている。
こちらで釣っている人に話すと浅さすぎて釣りにならないとのこと。
しかし、あれだけ黒くなってるのだから、打てば食うヘラもいる?と思い、
思い切って場所移動。水の中に立ち込んで竿12尺で50cmのたな。
相変わらずヘラは目の前をウロウロしている。
2、3投目でツンと浮子が入る。合わせると37、8のヘラ。
これからが面白いほどコンスタントに釣れはじめる。
深場で釣っていた人も慌ててこちらに入る。

結局まっちゃんは39.5cmとまりだが、後からきた人は44cmまで上げる。ウッ...
夕方爆睡からさめたへらマンテスさんに横に入ったら?と薦める。
並んだへらマンテスさんはすぐに42.5cmをゲット!!ウッ..
オッ、おめでとう!(;;) 早速記念写真をパチリ!
その後立て続けに3枚上げた時、天狗の釣船がエンジンを鳴らしながら近づいてきて、
時合はここまで。本湖でナイターしたがアタリなく終了。
へらマンテスさんはナイターでも40前後を1枚かけて帰っていった。
 いきなり釣ってくれました。(^^)

5/3日、竿14尺、60cmのタナ、この日も40弱のへらが入れ食い。
しかし相変わらず型が伸びない。巨べら師から、数釣り師への見事な転身である(^^;;
昼前、浅いタナを若干切ってみた。
するとゆっくりしたサワリが続いた後、浮子がスパッと消しこんだ。
合わせると今までとは違うデカイのが浮いてきた。
玉網ですくってみると40cmはありそう。
計測すると45.5cm、相模湖初の尺半 (^^)v
愛車を背景に待望の尺半上。

結局大きいのはこれだけでこの日も15枚くらい釣って納竿。
18時から秋山温泉に気持ちよくつかった。(18時以降は1000円)

5/4日 再度対岸の浅場に釣り座を構える。
この日は午前中から好調に竿を絞る。時おり40上が混じる。
昼からHP忍者の森でおなじみの忍さんも会いに来てくれた。
忍さんはワンドの奥の超浅場に陣取り、人の気配を消しながらへらを釣っっていた。
やはりただ者ではない。

結局、大物は出なかったが、3日間で50枚と久々の数釣りを堪能した。
夕方忍さんとも別れて、夜から関西への帰路についた。
久しぶりに釣り仲間と再会でき、有意義な津久井湖、相模湖釣行となった。
相模湖の40上の美べら