00・5・5,6,7 山田ダム
連休の後半は50上を釣り損ねた山田ダムと決めていた。
ちょうど1回目のハタキから2週間経ち、2回目のハタキに重なると予想できた。
金曜日、ゆっくり旅の疲れをいやしてから、山田ダムに着いたのが夜7時、
紀の国ワンドを見ると極端に人が少ない。
ゴルフ場下のワンドに内のメンバーのNさんが入っていたので
話しを聞くと野田原本流でハタいていて結構上がってるとのこと。

野田原に見に行くと内のメンバーのHさん含めかなりの車が止まっている。
暗くなってから混んでる所に入りにくかったので、前回と同様、
ダムサイトのワンドに入る。魚の気配はあったが口を使わずノーアタリ。
早々に切り上げ、野田原に車を止めて、早朝にかける、おやすみなさい。

朝5時ころ、人の気配で起きると魚がセっている。
山田で顔見知りになった釣り仲間達がボートをだして釣っていたので、
まっちゃんもボートを出して横に入れてもらう。竿12尺の1本半の宙。
結局午前中は落ち込みで40弱が1枚だけ、とりあえず1枚釣れて満足だった…
(注:山田ダム下流部はボート禁止ですが、上流部は禁止されていません)

昼過ぎからセリも殆どなくなり、完全な時合落ちに。
ボートで釣っていた釣り仲間もGWはじめから来ているということで
次々に帰りだした。まっちゃんはボートを出したばかりなので
時合落ちでも釣って帰ろうと思い、夕方に向けて昼寝。

3時ごろ起きて陸釣りしている人に状況を聞くとまた釣れはじめていると言う。
早速ボートに乗り込み、午前中、ポツポツ釣れていたポイントに入る。
竿10尺、1本ちょっとの宙、草面にかかるかかからないかのタナ。

午前中にセってた時は餌が落ちるとすぐのアタリで乗ってきたと言う。
しかし、今は全く静か。1時間ほど餌打ちを続けていると
浮子に上下の変化が見えてきた。ヘラか?
そのうちツンというアタリで40上が釣れてきた。
ここからずっとアタリ続け、同様のパターンで44cm台まで
釣れてきた。GW中盤からツキが出てきた。(^^)v
半分腹パンの泣き尺半

あたりが暗くなってきたのでそろそろ防寒着を取りに戻ろうと思っていると、
浮子がなじまなくなってきた。3投目やっとなじんだと思ったら
ツン、ツン、ツンと誰でも合わせられる刻みアタリ。スッと軽く会わせると
デカイのが浮いてきた。引きは強かったが何とか取り込めた。
尺半あるか、ないかと思ったが、長手で47.6cm。

その後ナイターで42cmクラスを2枚かけ、10時過ぎに早々に納竿。
早朝時合にかけようと思った。

いよいよGW最終日、朝5時過ぎに起きる。
取り合えず食事をナイロン袋に詰め込み、いざ出陣。
しかし、昨日まであったセリは全くない。ウロウロしていたヘラの姿も見られない。
こりゃダメだな〜と思いながら、昨日入ったポイントに。
気配がないので、竿を気持ちだけ長く12尺に変更し、5時半過ぎから餌打ち開始。

しばらく、アタリがなかったが、そのうち浮子がフワフワしだした。
ツンあたりで44cm台がきた。なんとかいけそうだ。

その後、アタリが消えたがしばらくすると再びフワフワが出始めた。
長いサワリが続いた後、ツツッと小さく浮子が入った。
思わず反射的にあわせていた。

沖目にスーと泳ぎだした魚はデカそうだ。
ユタ〜、ユタ〜と左右に泳いでなかなか寄ってこない。
ようやく寄せてきた時に開いた口を見て、これはデカイと確信した。

一回すくい損なったが、落ち着いて2回目でようやくタモに収まった。
早速ボート上で検寸するとちょっと長手だが48cm、ヤッター\(^o^)/
取り合えずエラ通ししてボートにお連れ。

その直後、内のメンバーのSさんが来られたので検寸してもらうと48cmジャスト。
ついでに記念写真も取ってもらった。Sさんに感謝!
不思議なことに、最近大物が釣れた時は必ず内のメンバーがそばにいる。
オスべら、顔が大きい!

その後昼前までに6、7枚、40上〜泣き尺半を追加したところで、
風が強く、天候が悪くなりかけたので納竿とした。

今回は時合落ちと思ってみんなが去ったおかげ?で一人いい思いをさせてもらった。
釣りというのは、本当にわからないから面白い。
 

余談だが、山田ダムが有名になったことで、随分釣り人が増えた。
しかし、あまりにもゴミのマナーが悪すぎる。
いろんな団体がきていたようだが、責任を持ってゴミを処分してほしい。

まっちゃんが行った時は野田原の駐車場のガードレールの柱ごとにゴミ袋がぶら下がっていた。
内のメンバーのHさんが数袋、最終日に私が残りの数袋を回収した。

各地から50上を求めて来られるのはいいが、くれぐれも
ゴミは持ち帰るようにお願いします。m(_ _)m