00・6・17,18 風屋ダム
風屋ダムはまっちゃんのもっともお気に入りのダムの一つである。
スケールが大きい割に訪れる釣り人も少なく、ちょっとやそこらで開拓できない所がいい。
ボーズはあたり前で、最近はボスボートも多く、まさに難攻不落のダムである。

5月ごろからずっと狙っていたが、今年は水位が低く雨待ちがつづいていた。
6月に入りようやく水位が上がり始め、ヘラが動きはじめた。
先週は特にヘラがへチを回っていて、尺半はでなかったものの40上はかなりの数がでた。
とはいうものの、まっちゃんは蚊帳の外(;_;)。
釣っても釣ってもマブナにウグイにコイ。
場所も数回かわり、竿は7尺〜17尺まで
ヘラは釣れても40未満。何をやってもダメなときはダメ。

先週の反省で今回はダメでものんびり、楽しく釣ろうと思った。
土曜日、雨が降っていたので、水が上がることを見越して午前中は草刈り。
昼間は雨の中テントを貼り、BIGのメンバー数人とゆっくり食事と宴会。
15時からようやく餌打ち開始(ちょっとのんびりし過ぎた(^^;;)。
全く釣れる気配がなかったのでゆっくりと餌打ち。
12尺1本強の床。

そのうちマブナが釣れてきた。ウグイの入れパクよりはよろしい。
しばらくするとサワリが頻発するが食いが今ひとつ。床の状態がいまいち。
そのうちツツッという小さい押さえで合わすとゴツいヘラがノボーと浮いてきた
と同時に針がポッと外れ、水面近くでポコッと一泡吹いて
何事もなかったようにゆっくりと沈んでいった。

まさかヘラが寄ってたとは、それもかなり大きい。
急に餌打ちに力が入る。
そのうち落ち込みで入ったアタリに合わせるとヘラが浮いてきた。
しかし先ほどのヘラよりは随分小さい。
すくって見ると長手のせいか42.3cm、しかし今年の風屋の初40上。
風屋のヘラにしては長手

後はチャンベラとなり夕方の時合はここまで。
水位は順調に上がり草刈りしたところが60〜70cmと頃合の深さ
夜になり再び宴会になったが、せっかく草刈りしたのでちょっとだけ
ナイターと思い9時から餌打ち。
マブナ、マブナ、チャンベラときて38cm級。アタリは多かったが
明日の早朝時合にかけようと思い、夜11時前に終了。
ナイターで釣った38級

日曜日、朝6時に起きて様子を見ると、水位が上がっている割にヘラの回遊が殆ど見られない。
結局午前中は14尺でチャンベラばかり4枚。
昼から3時半までゆっくりと昼寝し、夕方餌打つも全くアタリなしで終わった。

通常なら水位が上がり大釣りの予定のはずだが???
なかなか思うように行かないのが風屋のヘラ釣りである。