00・6・28堀河ダム

堀河ダムは比較的小さいダムでお世辞にも魚影が濃いとは言えない。
しかし、釣れれば尺半の可能性が高い一発大型のダムである。
まっちゃんは過去数回釣行したが、マブナが1枚釣れただけである。

6/24土曜日に21尺を1日振り回してボーズ。
あまりにも腹がたったので6/28に休みをとって再び堀河に出かけた。
朝、5時半に釣り場に着くと、一級Pはすでに満員状態。(^^;;
雨の中その少し下手で再び21尺を振るが、昼までノーアタリ。
一級Pに入っている釣り人も釣れていない。
昼ご飯を食べて、15:00までゆっくり昼寝。

一級Pの対岸に入ろうと思ったが水位が上がってきたので
軽いナイターも考え、上手の柳のポイントに入る。
上流の柳ポイント
竿10尺で柳と柳の間をタナ1本半の床でエサ打ち。
初めはブルーギルの入れ食い。
浮子が踊っている。
夕方6時ごろ、今日もだめかと思いはじめたとき
40弱のヤセべラ?が釣れてきた。
40弱のヤセべラ?

浮子の動きが比較的静かになっている。ヘラが寄ったのか?
ツツッとしたアタリで合わせると軽く尺半はあるデカいヘラが浮いてきた。
しかし、口の下にかかっている。クッ〜、しまったあー!!
結局、すくう手前で針がはずれた。

せっかくのチャンスを逃してしまった。
この前の風屋といい、どうも大物を釣りそこなっている。

あ〜あ、と思いながら次のエサを打つと、なじみ際にドスン!
軽く合わせるとヘラだ!、未だいてくれた。
引きは結構強くなかなかタモに納まらない。
やっとのことですくえたヘラは
先ほどよりは小さいが40上は越えてそう。
これが掘河べラ、尺半ないのが残念!

検寸すると44.5cm
尺半には及ばなかったがやっと堀河のヘラらしいヘラに会えた。
その後軽くナイターしたが、マブナ1枚で終了。
しかし、堀河の初べラに会えて満足の釣行となった。めでたしめでたし。