風屋ダム釣行記(7/1〜2)
6月28日の大雨で風屋ダムの水位は
今年初めて25メートルラインを突破した。
ようやく、まっちゃんの大好きな通称マングローブポイントに水が入ってきた。
過去、数回、このPではいい釣りをさせてもらっている。
7/1(土曜)の朝7:30、ポイントに到着、様子を見ると案の上ヘラがセっている。
しかし、時期が遅いのかコイの数に比べ見えるヘラの数は少ない。

草は前もって刈ってなかったので、このままでは釣りにならない。
ここでバカ長をもってくるのを忘れたことに気づいた。(^^;;;

車まで帰るのは面倒なので靴下を脱ぎパンツ裸になり、カマ片手に草刈開始。
水は思ったより冷たく、すっかり体が冷えてしまった。
パンツの裾を少しぬらしたが、8〜9尺の竿が出せるポイントができた。
 ジャングルのようなマングローブP

9時ごろから8尺、70cmの宙でエサ打ち開始。
しばらくするとアタリが出だしたが、ウグイ、ウグイ、ウグイ....
時折、尺半級のヘラが浮子の前を通過するが全く口使わず。
昼前まで釣ってダウン。
昼ご飯を食べて、釣れないのでゆっくり昼寝。

15時ごろ釣り再開。
朝と違いコイのセリで少し濁りが入った。
エサ打ちを繰り返すが、ヘラは横で口を上げてパクパクしている。
こりゃダメだ〜

15時30ごろ雷とともに、パラパラと小雨が降ってきた。
この雨でヘラは潜った。
16時ごろ、なじみ際に浮子が消しこんだ。
一瞬、またウグイか?と思ったが、
ボコッとでてきたのはヘラだ! よっしゃあー

2、3転してタモに入ったのは40上は軽くありそう。
これぞ、風屋のヘラと思わせるような肉厚。
 迫力の風屋べラ
 
検寸すると43.8cm!
結局この後、時合になりチャンベラ3枚に38cm級2枚と数は釣れたが、
セリにきている尺半級は食わせることができなかった。
次の日はコイ、マブナの連発で結局ボーズ、風屋の釣りは甘くない。

来年からはちゃんと草刈しておこう! と毎年思うのだが...