山田ダム釣行記(7/8)
昼釣りがつらい季節になってきた。
こんな時は涼しいナイターに限る。
山田ダムに着いたのは土曜の夜9時すぎ。
最近釣れてることもあり、一級Pには多くの釣人が入っている。
静かに釣りたかったので誰もいないダムサイトのボート下ろし場に入る。
この辺りは夜になるとゴミが移動するため、釣りにならないことが多い。

取りあえず竹と6メートルの鮎竿をつなぎ、長めのゴミよけを作る。
19尺、3本の床チョイ切り。

10時くらいからエサ打ちを開始。時折ブルがさわる。
11時過ぎフワフワさわった後、ツッと小さく入った。
合わせると重くあまり引かない。

ノボーと上がってきた魚はどうやらヘラのよう。
すくって見ると40上はありそう。
比較的きれいなヘラ
 
計測すると44.5cm。またしても尺半たらず。
この後はマブナばかりに。

12時過ぎに車が横の出っ張りに入ってきた。
どうやらヘラ師のようだ。車のライトとエンジンを着けっぱなしのまま、
釣場を探している。おかげで湖面は昼のように明るい。
オイオイ!、釣りにきたのかみんなの邪魔しにきたのかどっちやネン!

しばらくして3人はこちら向きに並んで釣りの準備をしだしたが、
サーチライトで対岸やこちらを照らしまくってくれる。
もうこうなれば集中力もやる気もガタ落ち。

その後もライトをつけたり消したりの連続。
参りました、と早々に片付けたダムサイトのナイター釣りであった。