00・10・21、22山田ダム

今年の山田の6、7、8月は非常に好調だった、が、まっちゃんは蚊帳の外。
釣れるPがあまりにもかたまり過ぎた。 要はいついっても満員御礼である。
まっちゃんは人と並んで釣るのが嫌いなため、人のいないPに入っては玉砕。

と泣き言を言っているが、要するにヘタ、ヘタ、ヘタの3乗である。

それが9月の大雨でいっきに水が乗り、全く釣れなくなった。
今では釣り人の数も疎らで、あの時のフィーバぶりが嘘のようだ。

こうなったらまっちゃんの季節である。
たとえボーズでもゆったりと自分の狙ったPで釣れるのがいい。

今年は10月と言うのに湖面はアオコだらけ。
例年に比べ暖かいのか。これでは食わないのも納得できる。

昼間は仲間と鍋をつつき、夕方からいつものように出陣。
狙いは紀の国ワンド対岸に定めた。

6時からエサ打ち開始。15尺3本の床だ。
時折巨べラがもじるがアタリがない。

半分あきらめているので気長に待つ。
8時、9時、10時、11時...
たまに浮子をフッと浮かすがそれからが当たらない。
両グルで長時間待つもツンあたりが出ない。

夜12時過ぎ、ふと気づくとアオコと水草の塊りがこちらに流れてきている。
それに伴い巨べラのもじりが近づいてきた。

12時半、今まであまり動かなかった浮子が少しずつ動きだした。

ツツッと消し込んだアタリに合わすとぶるぶるっとマブナ。

少しがっかりして再びエサ打ちすると落ち込みからさわる。
またマブナか!、同じように消し込んだアタリに合わた瞬間、
竿が一気に絞り込まれた、がなんとか止まった。

次の瞬間ユタ〜と泳ぎだしたのでヘラだと確信。
久しぶりの巨べらのゆったりと重い引き。クー!たまりまへん。

ようやく玉に収めたヘラは少しお腹が出ている。
検寸すると45.1cm、山田の標準サイズ。

 少し腹パン気味、これから秋セリのシーズン!

しかしサイズはともかく3カ月半ぶりのヘラに喜びもひとしお。

この後にもう一枚マブナを追加して終了。
結局一晩でアタリ3回、真冬並の厳しさだ。

しかし今後アオコが沈めば、秋セリのシーズン
さらに巨べらが望める。