01・1・4〜6 府中湖

ついに21世紀、世紀をまたぐのは幸せなことなのか?
ま、2度と経験することはない年が明けた。

今年の初釣りは四国の府中湖と決めていた。
1月でも尺半の釣れる可能性が高いからだ。

しかし、ただ釣りにいくだけでは勿体ない、
調べてみるとナ、ナント!
府中湖の周辺は讃岐うどんのメッカではないか。
これは食べるしかない、本場のうどんを!!

と、いうわけで3日の夜9時半大阪を出発。
山陽自動車道、明石大橋を渡り、11号線をひた走る。
府中湖近くの32号線沿いの道の駅に着いたのは夜1時半ごろ
とりあえず就寝、うどんは午前中が食べごろらしい。(^^)

1月4日
9時に起きてうどん巡りを始めるが、どの店も5日から。
ようやく1件開いている店に辿り着く。
なかなかうまい、それに安い。うどんに具を載せて200円程度。

腹がふくれ、いざ戦闘開始。
早速、初めての府中湖を見て回る。釣人を探すが、なかなか見つからない。
ワンドが入り組んで、いたる所に良さそうなPがある。

ようやくダムサイト近くのワンド(クズレ)に数人の釣人発見!
関西からきている気合の入った巨べら師だ。

話しを聞くと40〜尺半ぐらいがポツポツ出てるが
風が強すぎて釣りにならないとのこと。
確かに長竿が振れる状態ではない。

釣りはあっさりと諦め、せっかくなので金毘羅参りに行くことに、オイオイ (^^;;
府中湖からは車で30分程度
市営の駐車場に車を止め、いざ出発!!
階段をひたすら上がる。一体どこまで登らせるんじゃい!
体力の衰えを感じざるをえない。
ついに金毘羅ゲット!!(^^;;

その後、琴平近くの有名なうどん家を探すが、見つからずギブアップ!
再び府中湖に戻り、近くのはくちょう温泉に行く。
400円でまずまずか?洗い場が少ない。

その後食事、ようやく府中湖にもどって釣りはじめたのが
夜の8時半、ちょっと遅すぎた?

夜になっても風はめっぽう強く、釣れる場所は殆どない。
昼間に目星をつけておいた竹やぶの裏手に入る。
竿19尺3本半の床。
風は遮られているが波がチャップン、チャップン

30分ほど餌打ちすると二ゴイが釣れてきた。
その後メダカのお化け(ワタカ)が釣れだした。
15〜25cmのサイズが入れ食い状態である。勘弁してくれ〜!

とても真冬とは思えない、本州の10月並みの活性の高さだ。
う〜ん、さすが四国である。妙に感心している。

10時過ぎにようやくアタリが静かになってきた。
相変わらず波立ってアタリが見づらい。
10時30ごろ、上げ下げした浮子が沈んだように見えた。
ビシッ!と合わすと重い。今までのピラピラとは明らかに違う。
と、ところが..
なかなか魚が上がって来ない。

しばらくしてようやくタモで掬うと42、3cmのきれいなヘラ
しかし、背びれにかかったスレ!

初べラが手からこぼれ落ちた。まっ、こんなもんです。

夜11時になり終了。取り合えずこれで勘弁したる!
道の駅に戻って就寝。
明日はいよいよ讃岐うどんの真髄に迫る。

1月5日
10時30過ぎに起き(寝過ごし)て、いざ(評判の高い)山越へ!
40人近い長蛇の列に30分並び
うどん小のかまたま(釜あげうどんと生卵を混ぜたもの)を注文!
うまい!うますぎる。値段も130円?(ちょっと定かではない)程度。
続いて中村へ
オロシをするのとネギを切るのは客がする。100円で泣かせた。

この後、満濃かりん温泉へ行く。400円、そこそこだが温泉の量が少なめ。
入浴後、休憩室で寝そべっていると
四国からメールしてくれるナオさんからTEL。
早速、ナオさんと会って巨べら話しに花が咲く。
うどんと同様、四国の釣りも奥が深そうだ。

ナオさんと別れ、晩ご飯を食べ、8時半、再び昨夜のPで釣り始めた。
風は少しマシになった。
昨日のワタカ攻撃に対抗すべく、餌を練り込んでカチコチに。
”グルテンはコシだ〜!” 讃岐うどんと勘違いしている。

その甲斐あってワタカのアタリは少ない。
フワフワアタリの後、いきなり消しこみ!
合わせると重い、ヤッタか!
一瞬思ったが掬うとマブナ、がっくり。

結局マブナ3枚、ワタカ2枚で11時半に終了。
後から聞いた話しであるが、
府中湖はワタカを釣り尽くした後、ヘラが釣れるらしい。

要するに寄せる釣りが正解 (^^;;

1月6日
午前中、再び2件のうどん屋をはしごして、ゆっくりと帰路につく。
帰りに塩江温泉、行基の湯に入る。ここも400円、予想以上にGood!
比較的新しいようだが、空いていて、湯質も良く、露天もあり、特をした気分になった。
道の駅に隣接している行基の湯、Goodです。

その後377号線は急に道が悪くなる。
途中で11号の方に逸れるのが正解か?

しかし、おかげで大窪寺(名刹のよう?)や
巨べらで有名な五名ダム(思ったより小さい)を見ることができた。

今回は風が強く、釣れなかったが
風がなければ40上は堅かった!

と、いつものように負け犬の遠吠えであった。