高山ダム釣行記(3/23)
今年も去年と同じくボーズのまま高山の乗っ込みを迎えた。
進歩がないというか、改めて自然の厳しさが身に凍みた春。

火曜の休日出勤の代わりに金曜に代休をもらい、
木曜の仕事が終わり、治田に着いたのが夜中の12時前。

水曜日からセリだしたとあってすでにどのPも人で埋まっていたが
1箇所空いてる場所を見つけた。時折バシャバシャ水音がする。

状況を聞くと水曜と木曜の朝まで良く釣れたがすでに時合落ちとのこと。
今晩中が勝負か、と思い早速釣り始める。
治田川上流の釣場 

竿8尺1本弱のタナ、水位は先週よりも少し落ちている。
エサ打ちを開始するがスレアタリばかり。

周りが柳なのでエサをほんの少し浮かせ、なるべくスレを掛けないように注意する。
しかし時折前の柳に引っかかりハリスが飛ぶ、(^^;;; 竿7尺が正解でした。

朝時合か?と思いながらもエサ打ちを続ける。
ハタキも三日目、それに水位も下がるとなるとますます期待薄。

明け方5時ごろ、ようやくアタリらしい消しこみに合わせると、
なんとブッ、ブル-ギル!(@@;;  やっと出たアタリなのに....

その後、しばらくして浮子がスーッと斜めに消しこんだ。
一瞬スレ?と思ったが、軽く効き合わせをした。

グッと竿が曲がりモコッと魚が浮いた。食ってるようだ!
数回柳の中に走ったがバレずになんとか寄せてきた。
掬うと久しぶりのヘラ、口にかかった針を見て一安心。

40ないかな、と思ったが計ってみると41cm。
高山らしいボッテリしたヘラ

まっちゃんを気の毒に思い釣れてくれたようで、なんか釣った気がしない。
結局、8時過ぎまで打ったが朝時合もなく終了。

その後釣場を見てまわったが、どこも満員のわりには釣れてない。
夕方まで寝て、竿7尺に代えて釣るもスレあたりばかり。
ようやく出たツンアタリではマブナ!
参りました m(_ _)m

食わない魚と、竿7尺の釣り、銀座のような人だかりに嫌気がさし、その夜高山を後にした。
初べらが釣れたものの不満足な初バタキの釣りとなった。