山田ダム釣行記(5/6〜7)
ハタキの釣りは時として全く食わせられないことがある。
GW初日の山田ダムがまさにその釣りだった。

尺半上が足下でハタイているにも関わらず、全くアタリなし。
その後、九州に渡って竿をだすが、目の前をウロウロする魚も食わせられない。
正直少し悩みだした。

ウロウロしているヘラは確実に体力を使うので
全く餌を食べないとは考えにくい。
ポイントが悪いのか?釣り方が悪いのか?
ま、腕が悪いのはわかっているのだが(^^;;

GW最後の土日に再び山田ダムに戻ってきた。
遠征組が帰って空くか?と思ったが、唯一釣れている紀の国ワンドは満員状態。

人混みを避けてのんびり釣ろうと思い、誰もいない本流に入った。
本流筋は紀の国に比べ水が澄んでいてヘラが良く見える。
ボーズでも退屈しないだろう。

結局土曜のナイターはあっさりボーズ。
早めに寝て日中の釣りにかけよう。
この時期は日中の方が食わせやすいことが多い。
次の日10時まで寝て(^^;;10時半から竿15尺1本半の宙で餌打ち。

時折浮子の下をヘラの群が通るが全く餌には興味を示さない。
澄んだ状態で1本半は浅すぎるのか?見える魚は餌を食わないのか?
時おりタナを下げるが通りすぎる魚群はやはりタナ1本から1本半だ。

昼過ぎまで餌を打ったが、アタリもなく嫌になった。
餌打ちを止め少し場所をはずして他のPを物色しはじめた。
しばらくして戻ってみると餌打ちしていた場所でヘラの群れが止まっている。

慌てて餌打ちすると浮子に少しサワリがでた。
結局その時は食わせられなかったが、食わせられるかもしれないと感じた。

それからしばらくして再び一群が浮子の下を通り過ぎるとき
不意に浮子がズボッ!と消し込んだ。
思わず竿を合わすとヘラが浮いてきた。確かに食っている。

ゴボッ!、ゴボッ!と音を立てながら目の前を泳ぐ。
水が透き通っているので泳ぐ姿が良く見える。
ク〜ッ!日中の釣りはこれだからたまりまへん!

ようやく掬うと40上はありそう!計測すると41.7cm
見た目よりは短い。 今年の山田の初べらだ(^^)。

すぐに放流して再び餌を打ち込むと
なじむと同時にズボッと消しこんだ。これも同様のサイズ。
結局夕方まで釣ったが時合はこの一瞬だけだった。

しかし久しぶりにいいアタリを見た。
寸法は小さかったが、この釣り方で釣れたことで満足した。

山田の初べら(^^) ボッテリしてます。