01・05・27,28 山田ダム

今年の山田は明暗がはっきりと分かれた。
紀の国ワンドは釣れまくり、本流筋は総じて不調。
原因はわからないが水質の所為では?と推測している。

まっちゃんは、空いている本流筋に挑んだもののボーズやたまに釣れても40そこそこ。
人の間に割り込んでまで50上を釣りたくないという妙なこだわり?が敗因となった。
やはり紀の国ワンドに入るしかないのか...

5月の最終週、たまたま月曜日が休みになり、紀の国ワンドに入れるチャンスが来た。
土曜の昼過ぎ山田ダムに到着、紀の国ワンドを見て回るが
先週の雨で水位が上がり、大物が釣れていることもあって相変わらず満員。
日曜の夜から狙うしかなさそう。

仕方なく夕方から本流筋の野田原最上流に入る。
時折腹パンの尺半上がウロウロするのが見える。
結局、夜中の3時まで打っても合べら(通称山田くん)ばかりで37.8のヘラが1枚のみ。

次の日、夕方からボートを出して再び野田原で餌打ちするも、
ヘラの食い気が全く感じられない。 さすがにここで切れて(^^;
紀の国までボートを漕いで誰もいない下流対岸につけることに。

車を取りに戻り、夕食を取り、釣りはじめたのが7時すぎ、
10時半まで餌打ちするもノーアタリ。
11時過ぎからモジリの多い対岸に移動。
竿19尺のどん深、1本半の餌打ち。

一時間半ほど餌打ちすれどサワリなし。
試しに2本にするとブルのようなサワリが出る。
サワらないよりましと思いながら打っていると、
カツッとした小さいアタリ、反射的に合わすと魚がスーと浮いてきた。

小さいブルかと思ったがゆっくりした引きで泳ぎ回る。
どうやらヘラのよう。掬ってみると腹パンパンの40そこそこ。
ブルと思っていたアタリはヘラだったようだ (^^;;
俄然やる気が出てきた。

しばらく打っているとサワリの後の消し込み。
スレか?と思うほどの強烈な締め込みだったが、再び同サイズ。
やはり2本のタナでは型が小さいのか?
ここ最近、大型が出ているタナはすべて1本〜1本半だ。

一本半に戻して打って見てもサワリがでない。
再び2本に戻すとサワリの後の鋭い空ツン。
よしよし、まだ魚はいそう。
再度振り込むとカツという小さいあたり。
なかなか上がらず今度は少し大きそう。
ようやく掬って今期初尺半か?と思ったが44.8cm

ちょっと尺半には足らず、残念!

その後しばらくアタリがなく、エレベータのようにタナを上げ下げ。
3時過ぎいっきに3本まで落とすと、いきなりの鋭い空ツン!よっしゃ〜!
とりあえず眠気覚ましにチャンベラでも釣れそうだ。

サワリの後のスッと入ったあたりに合わすと40くらいの山田くん。
やはりタナが深すぎるのか?と思ったがその前の空ツンが妙に引っかかった。

同じタナで2、3投目、サワリの後でスッと入ったアタリに合わすと簡単に浮いてきた。
また山田くんか?と思ったが水面近くを泳いでヘラっぽい引き。

ところがここからなかなか寄って来る気配がない。
おかしい?、ペンライトで泳いでいる魚を上から照らすと尺半はゆうにある。
19尺なのでひたすら両手で魚が弱るのを待つ。

ようやく落ち着いたと思い、玉を出したが暴れて掬いそこねる。
そこからまた一苦労、2回目に何とか玉あみに収まった。
長手だが48cmくらいはある(後で正確に計測して48.5cm)
取り合えず最近作った穴を空けた大型ゴミ袋に入れてキープしておく。

型はイマイチだが、ファイトには脱帽!
とりあえず記念写真

その後同じタナでボーっと待っているといきなりの消しこみで46.5cm、
4時半になりブルが掛かってきたので納竿とした。

何はともあれようやく釣れてホッとした。
やはり釣れている場所では釣れる、という結論でした。

46.5cm イカツイへら