五位ダム釣行記(6/30)
北陸に来たのはいいが、いったいどのダムでへら鮒が釣れるのか?
とりあえず釣具屋さんに行って聞いてみた。
’あまりダムでへら鮒釣りは聞きませんね’と、つれない答え。
なんとか食い下がって五位ダムなら釣れるという情報をゲット!
ところがまっちゃんの手持ちの地図(92年)には載っていない(^^;;。新しいダムのよう。

五位ダムは能登半島の付け根付近、子撫川ダムの上流部に位置する。
午後1時に到着、バックウォータ付近は比較的道路から近く釣りやすそうだ。
降りてみるとバサーが3人フローターで釣っているのみ。

あまりモジリはないがせっかく来たので竿出しすることに。
午後2時、雨の中、21尺、2本半の宙で餌打ち開始。
途中ドシャ降りとなり雷が鳴り始める。バサーが引き上げ一人きりとなる。

水位はどんどん上昇している。
餌打ち1時間ぐらいで30cm級のマブナ。活性はいいようだ。
なじみ際にサワリが見え出した。
タナを2本弱に上げた。
五位ダムの初べら、尺半になるのはいつのことやら...

落ち込みのチクッアタリに合わせると8〜9寸ぐらいのへらが釣れて来た。
続いて同サイズ(9寸〜尺)が3枚釣れて来た。やはり魚は小さめか。
大物ねらい?で再び2本半に戻して餌打ち。


尺1寸ぐらいが2枚
さらに餌打ちすると、浮子がなじまない、とスッと上げてきた。
なじみ途中の食い上げだ。
合わすと今までよりちょっと大きそう。
計ると35〜6cmぐらいか
当日の最長寸
 

雨が上がって”釣れるか?”と地元の人が尋ねてきた。
話を聞くと河北潟のへらが入っているらしい。

結局2時間半で10枚程度。
北陸初釣りとしてはこんなもんか。