山田ダム 釣行記(12/22〜12/23)

今年後半の山田ダムは全く不調であった。
ブルの異常繁殖、アオコの発生や水色が良くなかったのが原因だが、
これが従来の山田ダムと言ってしまえばそれまでである。

今では数名の常連客以外、見ることもなく、ひっそりと静まり返った観がある。
まっちゃんも5月末以来、ずっとボーズ続きで、他人が釣ったという話もほとんど聞かない。

今年の釣り納めをしようとわずかの望みをかけ、山田ダムに戻ってきた。     
2週間前はようやくアオコが消え、尺半の山田君も釣れて雰囲気が良くなりつつあると感じた。

土曜日、北陸から半日かけて山田に着いたのが夕方6時、
降っていた雨もあがり、少し寒いがいい雰囲気だ。   
 
すでに来ていた常連に”今日は絶対に釣れるで!”と、自己暗示とも取れる言葉をかける
経験上、雨上がりの後は釣れる確率が高く、何よりも曇っているので底冷えがないのがいい。

先々週は長竿の深場狙いで失敗したので、今週は12尺2本の床釣りで攻める。
雨が降ったせいか、いつもよりはもじりが多い。

餌はグルテン、去年と同じく、ひたすら回遊待ちを狙った待ち釣りである。
しばらくして打つとブルが触り出すが、水温が下がっているのでアタリが鈍い。

そのうち一灯の電気浮子のなじみ幅が変わる。雨で水位が少しずつ上がっている。
期待できそうだ!と、浮子の2m横でもじりがでる。魚は確実に回っているようだ。

相変わらずブルの触りが続いている。
しばらくすると流れが出てきたので浮子を少し下げベタ気味にした。

すると餌落ち後にブスッ!と浮子が消し込む。
合わせるとグッ!と重い引き。(^^)

ゴボッと浮いた後、ヘラ独特のゴボゴボゴボ〜!と音を立て水面を突っ走る。
しばらく泳がせたあと取り込むとかなり重め、見た目は尺半あると思ったが
計ってみると44cm!縦に置いても立ちそうな腹パンだ。

寸法はいまいちだが、半年ぶりの40上はいいクリスマスプレゼントになった。

久々のへらです。

 記念写真,仲間に感謝