高山ダム 釣行記(3/21〜22)
北陸の春は遅い。 近くのダムには未だ残雪が見られる。
金曜日に年休が取れたので、ハタキの雰囲気を味わいたくなって関西に出向いた。

春の祭典は高山から
釣れてないが高山がハタいていると情報は入っていたので
ハタキを見れればよしという気持ちで高山に。

水曜の夜11時に北陸を出て、途中道に迷ったこともあり
高山、冶田に着いたのは4時、気温2℃、車の外に出ると
あまりにも寒いので慌ててもどり、しばらく寝ることに。(^^;;

3月21日
8時半に起きて、冶田上流を見たが嘘のように誰もいない。(@@)
雨が少なく暖かいので腐っているのか、水色がわるい。

本流筋に行くとペンション下で数人知った顔がいた。
話を聞くと日に15cm位ずつ水が落ちていて食いが渋く、
いい場所に入った人がポツポツ40前後を釣っている程度。
橋の上で、久しぶりの釣談義に花が咲く。      (^^)

ひとしきり話してから遺跡の方に向かうとメンバーがいた。
コーヒを入れてもらって遅めの朝食を取る。 状況を聞くと良くなさそう。

あまり喋ってばかりでは、釣行記も書けない((^^;;と思い、
セっている向山橋上流部の浅瀬に立ちこんで竿を振る。
1時間半打ってアタリがなかったので、昼食を食べて昼寝。

与野川の釣場、所々でセっている

3時ごろ、与野川を見に行くと釣人は少ないがヘラが腹を返している。
水色は冶田よりもずっといいので試しに竿を出してみる。
8尺、斜め草面の際打ち。手返しの早い落ち込み狙いの釣り。

しばらくすると、落ち込み際のストン!というアタリで
42、3cmのヘラが釣れた?が口のわずか横に掛かっていてアウト!クッ〜!
その直後同じようなアタリで38cmが釣れて来た。
今度はガッチリと口の中に掛かっている。ちっちゃいけど初べらゲット〜〜!

よく釣れてくれました(^^)感謝!

その後、晩飯をメンバーといっしょに食べて一人与野でナイターするが、
尺半級がスレで1枚きたのとチャンベラ1枚(食い)のみ。
12時でハタキが静まりシンとしたので納竿した。

3月22日
朝起きて、冶田の竹藪で山田の釣り仲間と合って話し込む。
10時くらいから向山橋下で1時間半ほど竿を出すがノーアタリ。

昼から場所変え、セっている竹薮Pに移る。
しなだれている竹を寄せて何とか釣場を作る。竿8尺の60cmくらいのタナ。

3時ころ落ち込みで浮子がスッと入ったので合わせると39cm。
近くで釣っているメンバーが42.5cmを釣って現認する。お見事です!

40上じゃないのが残念!

暗くなったので一人で月ヶ瀬温泉に行く。高山は釣れなくてもこれがあるからいい。(^^)
どうせナイターは出ないだろうと(^^;;、ゆっくりと露天風呂につかる。

その後上野に買出しに行って帰ってくると別のメンバーが来ていた。
話しているとさらにメンバーが来て、3人で話し込む。

その後軽くナイターしたがアタリがなかったので12時半に就寝。

高山の釣りは十分に堪能?したので朝から帰ることに。
帰り際、さらに釣り仲間と会って挨拶。
去年の風屋の巨べらの写真を見せてもらう。スゴイ!

今回は釣ってる時間よりも喋っている時間のほうが長かった(^^;;が、
久しぶりに懐かしい仲間と話ができて楽しい釣行となった。

また多くの人からHP更新してよ!とセッつかれたが、なかなか大変なんですよ。