広野ダム釣行記(4/5,6)

福井県広野ダムは知る人ぞ知る尺半を狙えるダムの一つである。
山田ダムで出会った読者の方から情報をいただいたので早速行ってみることに(^^)。
以前下調べで一度行ったことがありポイントは頭に入っているはずだった....

金曜日、会社が終わって高速を飛ばし広野ダムに着いたのは夜8時過ぎ。
ところがダムに着いてみるとダムサイト以外は電灯一つなく、まっ暗やみ。
道路から湖面まで少し離れているので状況がわからない。
右往左往したあげく、ようやくポイントらしい場所にたどりついた。
 
そこから釣り場まで降りるのがまた一苦労。道がわからない...
ペンライトしか持ってなかった所為もあり、何度もコケながらウロウロする。
まったく、人気がない闇の中で何をやってるのだか...

ようやく、釣れそうな場所に入った時には汗びっしょり。
10時から餌打ち開始。
8尺で2本近くある。 ときおり、バシャバシャとヘラのハタキが。
宙で打つとウグイが2つきたので床に落とすとコイコイコイの3連荘。
それも相当デカイ!ハリス飛ばされ柳に絡まり、踏んだり蹴ったり。
寒さも尋常ではなく、12時過ぎにギブアップ。

次の日、起きてみると10時、寝過ごしました。(ーー;)
昼間に見るとそういうことだったのかと思う。対岸に釣人がひとり。     
昨夜から水位が10cmくらい落ちている。     
12時半まで餌打ちしたがアタリなし。時折尺半級がヨレながら目の前を通り過ぎる。
夜に比べハタキは殆んど見られない。
ちょっと難しいか...  昼からのために場所を移して昼飯&昼寝。

場所替えして入ったP

3時から竿10尺で餌打ち開始。床2本の1本半で打つがアタリなし。
雨の前か風が強く竿をふるのもつらい。 すでに釣人はいなくなっていた。
床を少し下げていくとアタリが出始めた。 水位の下がりが少し落ち着いた。

何回かの空振りのあと、ズバッと消し込みアタリに合わせると
へらが浮いてきた。小さいが初の広野べらだ。(^^)v
メジャーは高山に忘れてきたみたい(^^;;で、昼飯の時に作った
簡易ものさしで計ると40cmにチョット足りない。

広野の初べラ     

その後はコイの猛攻、40〜50cm級の入れ食い。
たまらずタナを上げるとウグイ。コイよりマシか。
その内、雨がきた。風が強いので傘が飛ばされそうになる、最悪。
夕方、35cm級が釣れてきた。
雨のなか時折突風が吹きぬける。

ナイターになり、7時ごろ再び底にするとドスンとした落ち込みで38cm級のヘラ。
その後大ゴイ数本と格闘して嫌になった、参りましたm(_)m
雨と風は弱まらず、8時すぎに帰路についた。
人は少ないし魚体もいいので再度挑戦したい。

ナイターで釣った38級

みなさんくれぐれもナイターは熟知した場所でね(^^;;;