秋神ダム 釣行記(5/11)
中部の巨べら釣場で有名な秋神ダムは過去2回立ち寄っているが
いずれも水位が低く、竿を出さずじまい。 

今回、金曜日の雨で水位が上がっていると思ったが
到着すると以前と同じく低水位。(;;) ダメだぁ〜

案の定、土曜日だというのに釣人は誰もいない。

せっかくだからと上流を見てみると、ヘラの群れがウロウロ。
水が透きとおっているので良く見える。 釣れるカモ...

さっそく道具を担いで湖面に降りていく。
比較的ヘチを泳いでいるので13尺、1本半の宙。
時折、群れが浮子の近くを通るが口を使わない。

水位は徐々に上がっている。

そのうち群れはヘチから遠ざかった。
今度は19尺、1本半で攻めるもアタリなしでギブ。

最上流に移動し17尺1本半で攻めるが、餌を打つと魚が浮子を避け
次第にその場からいなくなるパターン。
水の中がすべて見えるだけにヘラの気配がなくなるとツライ。

再び下流に戻って19尺で攻めるがヘラは逃げていく。
やっぱりダメかも...

道具を片付けてポイントをさがしていると漁協の人が入漁料の取立てに。
こんなド田舎の放流もしてないダムで1000円は高いぞー!
釣竿を出していれば2000円だと〜!(@@) 

ちょっと気分を害したが料金を払ったからには何としても釣らねば
この辺が関西人 (^^;;

さらに下流のドン深のPに移る。これでダメなら諦めるしかない。
再び19尺、1本ちょっとのタナ。
最後に入ったポイント、さざなみ。

ときたまヘラの群れが前を通る。依然としてタナは浅い。
水深があるせいか、餌を投げても先ほどよりは逃げない。

1時間くらい打っただろうか、時間は11時半、
この頃から風が吹いてさざ波が立つ。
送りこんだ浮子がゆっくりとなじんだ後、1目盛りほどスッと入った。

反射的に合わすとギュ〜ン! うなりをあげて竿が絞り込まれた。
あまりの引きに一瞬、何のことかわからずビックリ!

すると沖目にヘラがでた。それも大きそうだ。
澄んでいるので気持ちがいいほど良く見える。

ゆったりと泳ぐが、それでも2度、3度と竿を絞めこむ。
19尺、めったにないのでゆっくり楽しませてもらう。(^^)

3回目のトライでようやく、すくえた。
黒みがかった魚体はコイのように肉厚がありド迫力!
     秋神の初べら  

計測すると45.5cm
3度目にしてようやく出合えた秋神べらだ。

その後、13時ごろ同様のアタリで46cmが乗った。
若干長手の46cm

昼食と昼寝をした後
夕方に同じところを攻めたが結局ダメ。

ほんとに気紛れで、かかってくれたような2枚だった。

それにしても目の前を泳ぐ秋神べラの大きさはスゴイ。
水のきれいさと共に魅了された。

 まっちゃんヒゲづら