和歌山の野池釣行記(11/30)

ここニヶ月ほど山田に通っているが全くヘラの顔は拝めない。    
今年は特に水位が低いので釣場にたどり着くためには
ロープを張り重い荷物を担ぎ、急な崖を上り下りしなければならない。

まるで山登りにきているかのような錯覚に陥る。
  
はたしてヘラ鮒釣りはこんなんだったけ??と考えると
とにかく昼間の釣りでヘラの顔を見たくなった。   
以前、釣仲間に紹介してもらった野池に行ってみようと思いついた。
 
そこは釣れると型がいいのだが一日粘って1、2枚が標準。
あまり知られてないためか釣人はほとんどいない貸切状態。
釣場の横に車を止めて竿を出せるのもお気楽。    
まっ!、ダムで釣るよりははるかに高確率だ。

実は前の週にも入ったのだがグルテンで餌打ちしたため
ブルの入れ食いで早々にギブアップした。
今週はマッシュ系の餌でかつドボンの釣りで試した。
小さいアタリでは浮子はほとんど動かないため    
とりあえず釣りになる。

1時過ぎから餌打ちをはじめて1時間半
浮子が斜めに沈んでいくアタリを合わすと
あきらかに手ごたえがブルのものとはちがう。
浮いてきた魚を見ると35cmほどのヘラ
ヘラの顔を見たのは半年ぶりだ。

気を良くしてさらに餌打ちすると次は38cm程度のへら 。
へらぶな釣りはやっぱりこうでなくちゃ〜などと思っている。         
         
3時半ごろ、もう終わりかなと思っていると
ツンッと入った後、浮子が浮いてきた。
合わすとガツンという手ごたえ、あまり動かず重い。
大物が来た!と直感、ゆっくり動き出した。
ガボッと浮いてきたのは40上を遥かに越えているヘラ。

久しぶりです。尺半の顔

ものさしで簡単に計ると45cmをちょっと越えていた。
こんな小さい野池で簡単に尺半がでるとは!
ちょっと複雑な気持ちだ。
   
さらに40上を一枚追加して,4時過ぎから山田のナイターに向かった。    
山田ダムではいつものようにボーズで終わった。