山田ダム 釣行記(3/1〜2)
去年の10月に関西に帰ってきて以来、山田通いを続けているものの
なかなかヘラの顔を拝むことができない。
特に今年に入って1月は3回中、2回は完全ノーアタリ、
あと1回はフワフワしたサワリが2回だけという悲惨さ。
おまけに釣人はまっちゃん一人だけという寂しさ。

しかし2月に入って雨が多くなり急激な増水とともに状況が少しずつ変わってきた。
2月の第2週、大雨の次の日、サワリがあるのだが食い渋って浮子がなかなか入らない、
ようやく出たツンアタリに合わせると尺半近い腹パンのバレーボールのようなヘラ。
しかし食いと思っていたらなんと口の横のスレ!!クゥ〜!ショックを隠し切れない。
     くやしかったので携帯のカメラテストに(^^;; 

水温が低くすぎて餌を吸い込むだけの活性がないのだ。
それ以来、針はヘラスレの7号まで落とした。
結局2月はマブナ2枚だけ(ーー;
ただし1月と違い、時折浮子にサワリが出るだけマシ。

3月第1週、今週も土曜は雨、最近週末になると決まって雨だ。
2時過ぎ、家を出て途中寄り道をして山田に着いたのは夕方5時ごろ。
着いてみると仲間が3人いたが雨と風がスゴイ、時折突風が吹き抜ける。
”今日は釣りにならないなぁ”、来たことを後悔しだした。

とりあえず、風裏に入って短竿でも振るしかないと思い
1月に草刈りしておいた木が覆いかぶさっているポイントに入ることに。

ここは以前、真冬に大物をバラしたポイント。
上の木が邪魔で、竿は振れて10尺まで、
下手にハネると仕掛けが木に絡み付いて万事休すだ。

竿9尺、2本の床、時折横殴りの雨が吹付けるので傘は無意味。
やっぱり止めとけばよかったか...

6時前から餌打ち、風と波で電気浮子が見にくい。
7時頃、ドスンという消し込みに合わすと
重い魚が浮いてきた。その後ギューン!と伸されて1.2号のハリスが飛ぶ。
コイか、ヘラのスレか、多少動揺したが
ヘラならそこまで引かないはずだと自分を納得させる。

その後、大きなサワリの後のツンで手のひらサイズのブルが2枚。
水位はじわじわ上がっている。

8時過ぎ、浮子にかすかなサワリが、
チクッ、小さく入ったアタリに手がでた。
9尺で浮子がすぐ近くにあるから合わせられたようなアタリ...
グッ!一瞬竿が止まり、曲がった弾力でヌゥーッと魚が浮いてきた。

暗闇の中、近くに見えたのは馬鹿デカイ口だった。
ゴッボッ〜ンと水面で反転して右左にゆったりと泳ぐ。

水温が低いせいもあるがヘラの引き、
その泳ぐ影と重量感から明らかに尺半上。

その後ゆっくりゆっくりと近づいてきて大人しくタモに収まった。
重かったので両手でタモを持ち上げてみるとデカ〜イ!(@ @)、
肉厚があって丸っこいので一瞬コイかも?と疑ったがやっぱりヘラだ!
 
念のため針も確認したが7号がデカい口の中にちょっこと掛かっている。
ヨッシャアァ〜〜!! 
思わすガッツポーズが出る。(^^)v

いったい何cmあるのか?
竿袋の中から50cmの物差しを出して当ててみた。
計ろうとしたが物差し以上に魚はある。
    コイのような肉厚

その後、内のメンバーTさんに検寸してもらうと50.5cm、2.9kg
ついにやってしまった、釣れるときはこんなもんなのかぁ。

記念撮影の後はキープせず直ぐに放流。
ユタユタ泳いでいく姿を感謝の気持ちで見送った。

その後、1時まで打ったがノーアタリ、
まさにワンチャンスで掛かってくれた1枚だった。
初べらが50上とは、今年の釣運これで終了です。m(_)m

     雨の中撮影してくれたTさんに感謝!!