長安口ダム 釣行記(4/27,28)
徳島の南よりに位置する長安口ダムは過去2回釣行するがいずれもボーズ
魚体は頭が小さく幅の広いフライパンで知られ、一度は釣って見たいと思っていた。 

今回のGW、なんの情報もなしに偵察がてら覗いてみると
水位は満水に近く、魚が時折セっている。これはチャンスかも(^^)

さっそく降りて馬鹿長をはいて立ち込んでの釣り、時間は9時前。
魚のセっている通り道を8尺の竿で狙うが口を使わない。

いいあたりが出るとウグイ、ウグイ、ウグイ、ウグイ.....(ーー;
エサの近くをヘラが通っているのに止まるそぶりがない。

柳の際の影を打ってみたががそれでも釣れるのはウグイのみ。
時折、尺半を越えているヘラが浮子の下を通っていく。

結局、3回場所替えしたがアタリなし。
憧れのフライパンが目の前にいるというのに...

その時ふと、秋神の釣りを思い出した。ダメ元でもやってみるか...
19尺、1本〜1本半の宙、足もとを走るヘラを無視し沖合いのヘラを狙う。
浮子が馴染むまでの勝負、当たらなければすぐ切っていく。

水面にちょっと出 ている立杭を狙う

それでも釣れるのはウグイ、ウグイ、ウグイ....(^^;;。やっぱりダメなのか?
昼近くになってあきらめかけた時、なじみ際の浮子が鋭く2目盛りきざんだ。

ビシッ、合わせるとヌーッと横に茶色い魚が出てきた、ウグイとは違う!
水が澄みきっているので沖合いでもヘラだとわかった。昼釣りはこれだからいい。

2、3回沖に走ったがようやくタモに収まった。ウレシイ〜!
早速、検寸すると42.5cm、初めての長安口べらゲット!!
お腹が赤く産卵後のヨタべ らです(^^;

結局この日はこれ一枚で終わり、もみじ川温泉でゆっくりと休養した。

次の日、朝8時から昨日と同じ釣りで挑戦。
18尺、一本の宙、柳と柳の狭い間から沖目を狙う、トラブルが多いがこんな釣りが好きなんです。

何回かヘラが 柳に絡まるトラブルが...

9時ごろウグイのアタリが静かになったので少し待ってみるとドスン!と浮子が落ちた。
合わすと少し大きめの魚が寄ってきた。
直前で少し暴れたがうまく柳に絡まずにすくえた。

痩せていたので尺半くらいかと思ったが検寸するとなんと49.2cm!(@ @)
でも体型が長安口のヘラではない、ちょっと合いがかっているかも?
     ヘラっぽい?がマブとの合い?

それからは42〜44くらいまでのヘラがボツボツと乗ってきた。
しかしほとんどが産卵を終え、お腹が赤くなったへら。

できれば腹パンが釣りたい。
しかし泳いでいる魚の10枚に1枚ぐらいしか腹パンが見当たらない。
今回、セリに上がってきた集団はすでに時期が遅かったよう。

昼前そろそろ時合落ちかと思ったとき、ドスン!のアタリで待望の腹パンが乗った。
お腹が入っている割に強烈な引きでなかなか寄らない。

柳に絡まらないように立ち上がって慎重に取り込んだ。
検寸すると45.5cm、待望の尺半!

ようやく釣れた腹パ ン気味の長安口べら

結局、昼までに8枚釣って、アタリがなくなったので納竿とした。
今回はうまくハタキ時期にぶつかってラッキーだった。

それにしても、日曜日に地元の釣人を一人見ただけで、
月曜は貸切り状態、四国のヘラ釣りはポイント争いがなくのんびり出来る。

こんなヘラを釣りた くて長安口に通うんです