03・5・3,4,5 山田ダム

5月3日(土)
GW後半はホームグランドの山田ダムに!
3日から人混みを避け、今年絶不調の野田原に入る。
GW前半もハタキがあって多くの人が挑んだが全員玉砕だったらしい。

そういう所ほど燃える!というのはウソ、単に一人静かに釣りたかっただけ
全く釣れてないせいか、ホントにまっちゃん一人の貸切りだ(^^;
朝8時から目を着けていた藤棚前のポイントにボートをつける.

若干濁っているが偏向メガネでみるとヘラがウロウロしている。
しかし、案の上、打てども打てどもアタリがない。たまにアタルのはブルだけ。
魚はいるのだが、エサに反応しない、う〜ん、予想以上に厳しそう...

昼まで釣ってダメだったので、暇つぶしに藤棚の横にポイント作り。
水面に張り出した木に恐る恐る登って垂れた枝をはらって何とか9尺の竿が振れるように。
1時間以上かけ周りの枝も整え、いい仕事をしたと一人悦に入る、(^^;;

疲れたので夕方まで日陰で昼寝、5時すぎからそのポイントで餌打ち開始。
8尺一本ちょっとの宙、時たま浮子に気配が感じられるのだが落とさない。
11時くらいまでやったがノーアタリ。
場所替えして少しセっている浅場を1時半まで打ったが玉砕、おやすみなさい。
 まっちゃんが目をつけていた藤棚ポイント

5月4日(日)
朝、8時半からまた同じポイントに、苦労して作ったので何とか釣りたい
9尺1本半の釣り。しかし魚はかなり手前を通っている、7尺で十分そう.

結局、昼までやってアタリがないので、岩出御殿のお風呂で汗を流す。
その後、また日陰に車を止めて夕方まで昼寝、どうせ釣れないので(^^)のんびり行きます。

夕方から島の奥の大場所で長竿を振ったがこれまたノーアタリ。
夕方、ちらほらあったモジリもなくなりシラーッとしている。

早々に見切りをつけ昨日の浅場に来るとまたセっている、しかも大規模
試しに釣ってみる。
夜遅くなりヘラだけではなくコイもセリだした。
それも80cm級の大ゴイの凄いセリだ、ボートがひっくり返りそう。
長年釣りをしていて、こんな怖いくらいのセリは初めてだ。

結局、大ゴイに2回仕掛けを飛ばされ、ギブアップ(^^;
明日の朝、ボートを片付けて帰るかぁ!、早めに寝よう。

5月5日(月)
朝8時半までゆっくり寝てボートを片付けに降りるとボートの横でH氏が釣っている。
降りるなり”尺半1枚出たでー”、 まっちゃん”ホンマかー!”(@@)

H氏は昼間しか釣らない地元の常連さん、
人混みを避け静かなところで釣り、結構大物をあげている。
まっちゃんが一目置いている方である。

湖面の色はコイの大セリの所為か茶色く濁り、紀の国なみに透明度が落ちている。
もしかしてこの水色の所為?
午前中だけでもやってみるか!

慌てて用意をして藤棚ポイントに、今度は竿7尺
タナ1本半強でひっつき虫の草に引っかかる。
引っかからなくなった所からさらに5cm上げてエサ打ち。

30分くらい経ったか、なじんでいくトップにブレーキがかかったと思ったらストンと2目盛り落とす。
あわすと目の前に黒々した大きめのへらが浮かび上がってきた!
”ヤッター!”.
ゴボゴボッと何回か走ったが何とか取り込んだ。見た目以上に分厚いいいヘラだ。
計測すると45.3cm、あきらめていただけにホントにウレシイー!、もうこれで十分だった。

 黒々していて迫力ありました(^^)

タナをさらに5cm上げる
その30分後、今度は馴染んだ直後の消しこみで43.5cm
まだタナは浅い気がしてさらに5cm、1本強。

11時ころ浮子が立った直後トップがチョンと動く、オヤ?。
馴染みかけた時にもう一度、チョン!、このアタリに聞き合わせをしてみた。
グッと魚が乗った、スレかも?と思ったが食っている。

目の前に泳ぐ魚は明らかに尺半以上はありそうだ。
引きを十分に楽しんだ後、ゆっくりと取り込んだ。 
計測すると型はイマイチだが47.2cm


結局、この後、時合落ちし、3時過ぎに納竿した。
今回、釣れたのはHさんと大ゴイさんのおかげ(^^;;;

ホントに釣りは竿を出して見なければわからないものです
いい勉強になりました。