山田ダム釣行記(5/24,25)
このところ山田、紀の国ワンドが絶好調だが、土日あるいは日曜だけの釣行では
まず 入釣は不可能、そうかと言って他の場所に入っても釣れる可能性は極めて少ない。

以前にも書いたが山田ダムの管理は愛宕橋下流の馬の背を境に上流と下流に分かれており、
下流はボートが禁止になっているが上流部は今のところ禁止になっていない。
(実際は漁協がないため下流でもボート黙認ですが禁止の看板は立ってます)

まっちゃんがハタキシーズン山田で釣れるのはこのボートのおかげ
これがなければ、たぶん延々とボーズが続いているはず(^^;;
ボート釣りはもじりの多いところに入れたり、場所を次々変えることができる攻めの釣りだ。
出す手間と片付ける手間は大変だが、あらゆる意味で釣りの幅が広がる。
先先週も日曜日に野田原でボートを出し、尺半混じりのいい釣りをさせてもらった。

金曜日、会社が終って山田に着いたのは夜中12時過ぎ、
今週、攻めようと思っていた場所は先客がいて仕方なく野田原上流へ。
この前の釣りで昼時合とわかっていたため、夜釣りはせずにすぐ眠る。

朝7時に起きて付近を歩いて見て周るが、もじり、ハネなどの魚の気配は全くない。こりゃダメかも..
とりあえずボートを出して先先週と同じポイントを攻める。
8時過ぎから竿15尺でエサ打ち、30分くらいはブルの入れ食いだったがその内サワリも静かになる。
あまりにも気配がないので途中、17尺に変える、ミオと台地の境にエサを打ってるハズ?

10時、馴染みかけた浮子がストンと落ちた。
軽く合わせるとヘラが浮いてきた、と思った瞬間、水面で針がはずれた。
オツ!ヘラがいるジャン!(何故か関東弁)、これはいけそうかも。

良く見るといつしか浮子のアタリは、ゆったりしたヘラのものに変っていた(^^;;、
が、どうも食いが悪い。
フワフワがしばらく続いた後、馴染みきってしばらくしてのツンでようやく43cm。
さらにフワフワが続くが食いが悪いので浅ダナから1.5本強に下げる。
1投目、馴染みきってしばらくのドスンで40cm。

先先週の浅ダナ落ち込みのアタリと違い、馴染みきってからのアタリで釣れる。
イマイチ活性が良くないのか?が、経験上こんな時は数が出る。
さらにフワフワが長い間続き、同様のアタリで44cm。

食いがイマイチなので、11時過ぎにタナを2本まで下げた。
その直後、馴染んだ浮子をボーっと見ているといきなりのドスン!
水面に出てきた魚はお腹が入って、これまでよりも大きそう。
ゆったりとした引きを楽しんでから取り込むと尺半はありそうな重量。計測すると47.5cm
まだちょっとお腹が入ってます

しかし他のダムならいざ知らず山田では標準サイズに毛が生えた程度。
最近、完全に感覚が麻痺している(^^;;

さあこれからと思った矢先、下流から大量のゴミが流れてきて釣りにならず無念の納竿、
昼寝をして夕方から軽くナイターしたが、全く気配がないので早々と就寝。

次の日は6時過ぎに起きて7時半から同じ場所に...
下流には困った釣人さん達がいて大声で喋りまくっている。
こちらのタナを見て、あんな浅ダナではブルしか食わないだの、
玉網が大きいだの、頼むからしばらく黙ってもらいたい(ーー;
困ったさん達はドン深の床でコイを上げ、9時過ぎに引きあげてくれた。

エサ打ちに専念していると10時ちょうどに時報のようにドスン!の空ツンが出る
いよいよモーニングサービスの開始。
昨日と同様ゆったりした浮子の動きが始まった。

15分後、落ち込みのドスンで42cm級、さらに30分後43cm級
11時にどうもしっくり来ず、昨日と同様1.5本強にタナを下げる。
フワフワの後、ゆっくりと上がってきた浮子がドスン!
やたら引きが強くなかなか寄って来ない。こんな活きのいいヘラは久しぶり(^^;;
ようやく救って検寸すると46cm、いい感じ(^^)。
引きを堪能させてくれたヘラくん、46cm

その直後、チクあたりに40cmくらいの山田くん、これも強烈な引き。
ちょっと腕が疲れたのでしばし休憩(^^;;。

その後タナを2本に下げて46cmを追加したところで
昨日と同様ゴミが大量に流れてきた。オイオイ、またかよ〜(;_;)

これが野釣りの難しさ、まだ11時半だったが仕方なく納竿
その後ボートを片付け、1時半に山田を後にした。

新作の馬鹿デカタモ(^^;、ヘラ46cm