03・6・21,22 風屋ダム

6月21日(土)
6月になって初めて風屋の水位が20mラインを突破した。
過去の記録を見返しても、風屋でヘラが釣れたのは殆んどが6月。
言い換えれば、その時期以外は大半ボーズ(^^;

ダムの規模や人をよせつけない荒々しさは
関西の一ツ瀬と呼ぶに相応しい...ってちょっと大げさ(^^;;;
とりあえず久しぶりに風屋ベラを見たくて出かけた。

朝6時半、ダムサイトの状況を伺うと小規模だがコイとヘラがセッている。
チャンスとばかりに竿9尺1本ちょっとの床でエサ打ち
水は若干濁りが入り、エサがわずかに見えない程度
しばらくエサ打ちするとツンアタリが出た。
強烈な引きでコイかと思ったが上がってきたのは38cm級のきれいなヘラ。
風屋42cm 風屋の40上、顔が小さい(^^)

その後35〜42cmまでポツポツと上がってきたが型が伸びない。
少し大きめのヘラが来たが沖に走られ1.2号のハリスが飛んだ。
9時頃になって、セリも気配もなくなったので上流の丸瀬に向かう。

丸瀬に降りると濁りが強いせいか大ゴイがセッている。
時折ヘラも見えるので竿13尺1本の床で10時半からエサ打ち開始。
しかしコイコイコイの連続、
ついには大ゴイに浮子ごと仕掛けを持って行かれる始末、クゥー!
懲りずに12尺に換えたが、大ゴイで穂先が飛ぶ(ーー
結局、仕掛けと浮子を3つも失ってしまった(;_;)
疲れたので少し昼寝をしようと思ったら、心地よく4時過ぎまで爆睡。
その後ダムサイトに戻ってナイターをかけたがチャンベラのみで早めに寝る。

6月21日(日)
再びダムサイトで朝6時すぎからエサ打ち開始。
しかし昨日と違って魚の気配が少ない。
浅場に入ったまっちゃんはノーアタリ、少し深場を釣っていた釣人はチャンベラ混じりに
そこそこ上げていた。 腕の差が...
8時ころ釣友のIさんが現われ
ダムサイトの様子がイマイチなので一緒に上流の丸瀬に戻ることに。

丸瀬は水位が上がっているせいで一面流木だらけ。
風屋の常連、Iさんは特大のゴミ除けを作って18尺、まっちゃんは流木をかき分けて草面を8尺。
しかし、苦労して作った場所がバスボートの爆走でぐちゃぐちゃになる。
ボートが通る度この繰り返し、まさしく修行の釣りである。
しばらくするとIさんは40上混じりにヘラを連発、一方まっちゃんはコイの連発(^^;;
丸瀬P  流木をかき分けるのが大変!

流れてくる流木も随分ましになったため、前を開いて15尺に切り替える。
30分後、落ち込みのツンでようやくヘラが来た!やはり沖目か..
強烈な引きで黒っぽいヘラが上がってきた。
軽く40はあると思って計測したが、39.5cmしかない。

風屋39.5cm  風屋ダムを代表するようなヘラ39.5cm

その後、35cm前後のヘラがコンスタントにくるが、不思議とコイは来ない。
3時すぎ、全くアタリがなくなったので、17尺に切り替えると再びアタリが出だす。
39.5cm頭に数枚追加した。
結局、この日は40上は来なかったものの、長竿の強烈な引きで久々に腕がだるくなった。
早めに切り上げ、久しぶりの夢の湯にゆっくりつかって帰路についた。

しかし今回、あらためて長竿の威力を思い知った丸瀬の釣行となった。
まだまだ青い!!