風屋ダム釣行記(6/28.29)
先週から上がり始めた風屋の水位は満水近くまで上がり、一転急激に下がり始めた。
土曜日、マングローブPに入ろうと思っていたが車が通れず、 仕方なく丸瀬に入る。
朝7時、先週釣ったポイントに入ろうとしたが、流木が多過ぎて途中で挫折。
場所を見てまわると流木の少ない所があったので、そこにPを決める...安易だ(^^;

それでも流木を掻き分け、釣れるようにするのに一苦労 。
柳の際で、傾斜にそって40cm位の高さの草が一面に生えている。
竿は先週の教訓を生かし17尺、草面の床までは2本〜2本半、
水位は下がっていると言っても、先週よりもまだ2mは高いだろうか。
478ポイント  流木地獄です(^^;;

8時前からエサ打ちを開始するが全くアタリが出ない。
水位は1時間に10cmくらいのペースでどんどん落ちていく。
釣台も水位とともに前に移動の忙しい釣り。
考えて見ると、風屋で水位の落ちている時にいい釣りをした覚えがない。

2時間エサ打ちしてサワリ1つ無かったが、10時すぎに漸くフワフワのサワリが出た。
20分過ぎ、急にドスンと空ツン、床が良くなく草面でスレてるのか?
30分過ぎだったか、
ボーっと見ていた浮子がゆっくりだが重々しくドスン!と2目盛り落ちた。

合わせると今度は手ごたえ、しかし 魚はなかなか上がって来ない。
濁りがきついので上がってくるまで何かわからなかったが
水面に出た魚はどうやらヘラのようだ。

ようやくタモにすくうと長手だが40cmはありそう。 ヤッター!!
早速検寸すると尾ヒレが長く、47.8cm!

風屋47.8 型はイマイチですが...よくかかってくれました

その後、アタリがなくなり食事をして昼寝、
夕方になり、アタリが出始めたが、すべてマブナ(;_;)
結局、ヘラはこの一枚だけだった。

雨と流木かきで服がベトベトになったのでナイターはせず、
湯泉地温泉の滝の湯(500円)の露天風呂につかって、早めに寝た。

日曜日、朝4時半に起きて再び丸瀬に向かう。
水位は昨日から1m以上落ちて先週と同じくらい。
この様子ではチャンスは午前中のみか。

5時過ぎから竿19尺でエサ打ちをはじめたがマブナとコイの入れ食い。
途中から24尺の竿に切り替えたが状況変らず、
結局10時過ぎにチャンベラを1枚かけただけで11時前に納竿した。
風屋の釣りはそうそう甘くない。 
今シーズンもこれで終了か...