風屋ダム釣行記(7/5,6)

今週は雨が多かったため、狙っていたどこのダムも水位が高く、正直ちょっと迷ったが
再び水位が上昇し始めた風屋に向かった。イカツい風屋べらに魅せられてるんです(^^)

土曜の朝6時、目の前では時折、草面に魚がセッている。いい感じ!
先週と同じポイント、竿17尺、2本の床チョイ切りで沖目を狙う。
38cmクラスがぼちぼち釣れてきて、これからというところで
コイorスレ?で穂先を抜かれた、クゥーー!

お気に入りの浮子だったのでボートまで出して探したが、
流木が多くウロウロしただけで見つからず(;_;)

結局、 この日は釣り仲間と一緒に9時までナイターしたが、
数は出たもののまっちゃんには40cm上は釣れなかった。
セッていた魚は大きかったのでちょっと竿が長すぎたか?
1時過ぎまで歓談して就寝、 明日に賭けよう!

日曜日、タイマーで4時半に飛び起きた。
バスボートが来ないうちに1枚釣りたいと思い
5時過ぎからエサ打ち開始、竿はナイター時そのままの11尺。
時折パラパラと小雨が降る。
 水位上昇で1〜2時間毎に台を移動

草面1本強の宙釣り、水位が上昇していることもあり魚がウロウロしている。
馴染んですぐのエサ切り、春のハタキ時の釣りをやってみた。

これが功を奏したのか、馴染み際でアタリが出だした。
6時前に39cm、直ぐあとに43cm、短竿、釣り方、ポイント、全てがうまくハマッた。

それからは35〜40cm前後が安定して乗り出す、風屋でこんな快釣は久しぶり(^^)
入ったポイントは傾斜が一定のため、
釣台を後ろに下げても常にタナは一本ちょいの草面。
9時過ぎ、少し大きめの魚が来た。
型の張りがイカツい44cm!
 44cmお腹がしぼんでいるのが残念

それからも時折、マブ混じりで好調は続く。
10時半だったか本日4回目の釣台移動、水位はまだ上昇を続けている。
その内、エサが落ちる途中で黒い影が見え隠れしだした。
大きめのヘラが寄ってそう。

かまわず早いテンポでどんどんエサを打っていく。
すると馴染み際に小さく抑えるアタリ、
合わすとゴボッ! 黒い塊が浮いてきた。

オオッ!デカそう(@@、
ゆっくり泳ぐがなかなか寄らない。
短竿なのに必死でタモを伸ばして掬った(^^;;。
まだお腹が入っており、軽く尺半あると思ったが検寸すると44.8cm!

 風屋のへらです。

その後もコンスタントに釣れ続き、
1時半になって水位の上昇が止まり、魚の周りが鈍くなったので納竿した。
朝の5時からアタリ続け、食事もまともに取らずの釣り。
尺半こそ出なかったが40上だけで7〜8枚、殆んどが38cmクラスで20枚以上は釣ったか、
短竿でも腕がだるくなるほど。
どうやら今年は釣りの神様が付いてくれてるような...(^^)

 迫力のヘラさん!Iさんに感謝