03・9・21,22 山田ダム

9月21日(日)

最近あまり釣りに力が入らず、もっぱら車選びに時間を費やしてきたが、
一段落つき、ようやく釣りに集中できそう?...
とりあえず型が見れたらラッキーということで好調になってきた山田に出向いた。

日中、釣れていることもありバックウォータやダムサイトはそこそこ人が群がっている。
午前中ポイントを見てまわるがいいモジリがなく、竿を出す気にならない。

結局、昼からホームセンターに車のベッドやタナ作りの材料を物色しに行く。
いったい何をしに来てるのやら...

夕方、再び山田に戻り、下流から上流にかけ湖面を見て回るがパッとしない。
結局、紀の国に入ろうと思って立ち寄ると
地元の常連さんが釣り場から上がってきて
”まっちゃん、ダムサイトの方が型おっきいで、ダムサイトへ行きー!”
その一言でダムサイトに入ることに。。。

車を止めて狙いの場所に入ろうとすると釣り仲間が上がってきて
もう上がるから替わりに入れとのこと、すんなりお言葉に甘える(^^)
聞くと時合は日中、タナ3本で43cmが1枚きたとのこと。

夕方6時からそのポイントで餌打ち開始。
ナイターは全く食わないとのことだったが、
竿を振りたくて19尺、3本で餌打ち
ベトベトにやわらかくした餌を落とさないように送り込む練習
3回に1回は餌が落ちてしまう、案外難しい。

8時過ぎ、浮子が馴染んでチョン!とアタった。
それまで全くサワリがなかったので思わず竿を合わす。

穂先がガツンと止まった、ん、スレか?
しかし、その後ゆっくり動き出した、どうやらヘラらしい。

3本なので上げて来るまで結構楽しめる。
なかなかすくえなかったが、ようやく掬うと尺半はありそうな顔、
計測すると46cm、運のみの釣りです(^^;; 

46cm 久々の尺半!.

この後アタリなく10時で納竿、
滋賀から来られていた和尚さんに横に入るように薦めて就寝。

9月22日(月)
この日は朝から和尚さんと一緒に竿を並べる。
午前中はブル数枚、時合いは2時だということで
昼食後、昼寝なしでがんばって釣ることに。

2時前、それまで動かなかった浮子に変化がでる。
いよいよ時合いかぁ、
しかしブルのような小さいアタリ、合わしても空振りばかり。
2時半を過ぎ、餌がなくなったが、ずっと続くアタリが妙に気になる、
グルテンを多めに混ぜて固めの餌を一握り作る。

これでアタリが大きくなった。
数投目、馴染み切った浮子がブスッ!と入った。ようやく魚が乗る。
穂先が途中で止まるヘラ独特の引き
計測すると43cm!

1枚釣って満足したのでようやく遅めの昼寝、淡白です(^^;;
4時半まで寝て、釣場に戻ると
和尚さんの浮子のアタリが先程のアタリとまるっきり同じ。

”これ、絶対ヘラのアタリやで!”と告げて自分の釣り場に戻る。
案の定、しばらくして和尚さんの竿が曲がる。
43cmクラス、滋賀から来られていたので釣られてホッとした。

数分後、和尚さんが立て続けに2枚目をゲット!(@@)
すると私の方にも落ち込みでアタリが出た。
タナを30cm上げる。

ブルのようなアタリが続く、が確実にヘラだ...
ツンツンと入ったアタリに合わせるとようやく乗った。
いい型で尺半あるかと思ったが44cm。
44cm 和尚さんに撮ってもらいました、サンキュー!

その後、8時過ぎまでナイターしたが全くサワリがなかったので納竿。
和尚さんと共に帰路についた。