山田ダム 釣行記(2/27)
今年は2月過ぎから暖かい日が続き、
秋のチャンベラ放流以降、
影をひそめていた大型のもじりがようやく出てきた。

先週の土曜日、14尺2本の床で46cm腹パンパンのアッパースレを釣った。
去年と全く同じパターン、懲りないヘボ釣り師である(;_;)
サワリが続いていただけにムッチャ悔しい。

この時期、なだらかな底の餌はなかなか口に吸い込まない。
特に腹パンの大型はその傾向が強いように感じる。

そうかといって宙釣りで待つのは、かなりきびしい(一部の人はやってるが。。。)
待てる床で釣るには餌を吸い込みやすい傾斜の強いかけ上がりしかない。
しかも巨べらの回遊する浅ダナを狙うとなると短竿のヘチ狙い。

土曜日、夕方6時から傾斜のあるPに竿8尺で入った。
そこは過去、何回か仲間が攻めているのだがいい釣りを見たことがない。
ただ誰も12尺以上を使ってのことだが...

竿を少し斜めに振って床を計ると1本半強、ちょうどいい(^^)
床は水のない時に掃除していた。
この状態で餌はかけ上がりの途中に落ちているハズ。
浮子はホントにすぐ目の前だ。

餌打ちをしてしばらくするとサワリが出た、オッ!案外いけるかも。
ようやく出た小さいアタリに合わすと
手のひら小のブルが5号の針にかかってきた。
チャンベラの放流以後、全く顔を見なかったのだが...

それからは全くサワリもなくなった。
アタリがない餌打ちを繰り返す。
周りの釣仲間はアタリがあるようで頻繁に竿を絞っている。

”乗っ込みやないのに、こんな近くでアタるんかいな!” 
やっぱりきびしいか。。。
そんなことを考え始めた10時過ぎ、急に浮子が消し込んだ、空振り(^^;
次に同じアタリで35cm級の放流べら、
とりあえずアタリがあったのでホッとした。

それからまたアタリが遠のいた。
11時すぎ浮子に微かなサワリが出はじめた、
先に釣ったブルのようなアタリだ

何投目だったか、
サワリの続いた浮子がチョンと刻んでスーッと大きく浮いてきた。
軽く竿を合わすとグッ!と穂先が締め込まれた。
なんとか竿を溜めると、ボコッ!とヘラが浮いてきた。
デカイッ!
放流ベラとは明らかに違う重量感だ。

口を上げてゆっくりと近づいてきた。ライトで照らすとちゃんと食ってる。
掬うと重量はあるが、思ったより短い。
早速、計ると44.3cm!
残念ながら尺半はないが、腹が大きいそこそこのへら。
去年の9月以来の山田ベラだ!(^^)v

その後、夜中の3時までやってまともなアタリはそれだけ
結局、 宙と同じくらいきびしい釣りになったが
自分の狙った釣りで釣れたことがうれしかった。

2004年 初べら  丸々した今年の初べら