風屋ダム釣行記(8/1)

台風10号は紀伊半島に集中豪雨をもたらした。
風屋の水位もいっきに上昇、20mラインを突破した。

久しぶりに短竿を振りたいと思い、土曜の夕方から風屋に向かった。
実は最近、長竿の振りすぎでテニスエルボーならぬフィッシングエルボー?に
なりかけていたので少し肘を休めたいと思ったのだ(^^;;。

夜10時過ぎに風屋に着くと雨と風が凄く、とてもナイターができる状態ではない。
明け方にはマシになるか?早々に就寝。

朝6時に起きるが天候は相変わらず大荒れ、どちらにしても長竿はきつそうだ。
とりあえず短竿を竿ケースに入れ、ドシャ降りの中バックウォータ対岸に渡る。

水はだだ濁りでこの時期にしては冷たい、この状態で餌を食うのか?とりあえず床が無難か...
風屋は浅くても床が効く。できれば一本以内を打ちたい。
朝7時から竿8尺、1本の床で餌を打ち始める。
が、草面で床が良くないせいか全くアタリが出ない。
水位は少しずつ上がってくる。

8時半にポイントに見切りをつけ、竿片手に浅場を探す。
試しに岩場の際を打ってみると0.5本強でかつ床がきれいだ。

この日のポイント  岩場の際々を短竿で狙う 竿8尺

床で餌打ち開始、9時過ぎくらいから魚の気配を感じるがアタリが出ない。
時折、突風が吹き、傘ともども吹き飛ばされそうになる。まさに修行の釣りだ(^^;。

9時半、突然ドスン!と目が覚めるようなアタリを合わせると40.2cmのへら!.
やはりヘラは回っている。
その後、ツンツン!の2段アタリで同じサイズの腹ボテ気味のへら40.7cm
2枚目の40上  2枚目の40上、風屋のべっぴんさん

調子が出てきたか!、と思ったが、その後はマブばかり、それも半分はスレ。
しばらくそのまま打っていたが、試しにタナを10cm浮かせてみる。
ほとんどハリスかっつけの状態だ。

スレアタリが無くなったが食いアタリも無くなった(^^;;。
それでもかまわず、どんどん餌を打っていくと浮子に少し変化が出てきた。
魚は寄ってはいるが浮かしてアタリが出るのか?
そう思っていた矢先、突然3目盛りドスン!のしびれるようなアタリ(^^)

合わせると41.5cm。何とか食わせそうだ。
さらに同じようなアタリで42cm
少しずつ魚が大きくなってくる。
その後、2段消し込みでちょっと長手の43.5cm。
こりゃぁ次は尺半か?、と思ったが世の中そう甘くない。
水位が上がって少し流れがついた所為か、食いアタリがなくなってしまった。

風屋435  尾っぽで稼いだ43.5cm

水位は1本半弱くらいになったが、再び床にエサをつけにいった。
マブナ、コイがアタるがこれくらいの方がいいか、とエサを打ち続ける。

大きめの刻みアタリを取ると久々のへら、38cmくらい 。
深くなっても床か!
しばらくエサ打ちすると
食い上げで42.3cmの太いへらが上がってきた。

風屋423  最後に釣れた42.3cm

結局、この後はアタリが出ず6時前に納竿した。
7枚中6枚が40上、尺半が出なかったのが残念。

合間にマブナやコイが入り乱れ、結局肘を休めるどころか逆効果だったようで...(^^;;