二川ダム釣行記(10/11)

二川ダムは山田ダムから近い割に
はヘラ師は殆んど見ず、
水がきれいで環境もいいので本格的に開拓しようかと思っている。

時折見られるモジリは尺半を越えるものがあり、確実に48クラスはいそうだ。
ただ難点は岸辺に降りられる場所が少ないことだが。。。

11日、朝10時前に二川ダムに到着、いろいろポイントを見て周るが
結局、前回に玉砕した場所に入ることに。
今回は台風のためか水が白く濁り、1m以上水位が高くなっている(たぶん満水に近い?)。
二川ダムポイント  魚がどちらに走っても木に引っ掛かる無謀な釣場(^^;

水位が高すぎ掛かり場がなかったが、
水没した木と木の間に何とか竿が振れる空間を見つけ、周りの枝を切って釣場作りを始める。

ようやく竿が降れるようになって釣り始めたのが11時半、
この前の初釣りでは朝から打ってアタリが出たのが1時半だったのでまだまだ余裕。

良くみると左右だけじゃなく穂先の前にも背の低い木が水没している。
沖目でモジッていたので無謀にも21尺を出す、まッ、釣れないことを見越してだが(^^;;

この前は全くジャミアタリがなかったのでエサに集魚材を混ぜ、タナ2本半でバンバンエサ打ち。
案の定1時間打っても何のサワリもない。タナ3本に落として更に一時間、全くサワリなし。

3本半に落としてしばらく打つとようやく浮子に微かなサワリが見られた。
時間は2時過ぎ、この前と同じパターンだと、ここからマブの連打か。。。

2時15分、馴染んでしばらく動かなかった浮子がプスッ!と小さく抑え込んだ。
軽く効き合わせをすると重めの魚がノッた。
タナ3本半からゆっくり浮いてきた魚は何だかヘラっぽいぞー オオー(@@

両サイドと水没した木に引っ掛かれば終ってしまうため、
立ち上がって腕を伸ばして思いっきり引き寄せる。ちょっと異様(^^;

枝に引っ掛からずに、うまく寄せてくると結構いい型!
すくい損ねて焦ったが、何とか取り込めた。二川の初ベラ、ゲット〜!!
二川44.2cm  天気良すぎて写真失敗しました(;_;)

早速計測すると44.2cm! 尺半なかったが、なかなかのもんです。(^^)v
エサ打ちするとまだサワリがある。
しかしなかなか食いアタリを出さない。濁りの所為か雨で水温が下がった所為か食い渋っているようだ。
フワフワしたあとの弱々しいアタリで38.5cm!
二川39cm  尺半ダモだと38cmも子ベラに見える。

その後、アタリが出ないので10cmタナを下げると馴染みで止めが入ってツンアタリで41cm!
調子が出てきたようだ、と思ったのも束の間。

さらにもう1枚乗ったが右の木に絡まりハリス切れでバレ。
ちょっと歯車が狂いだした。切れたハリスを結びなおしエサ打ち再開。
しかしまだ魚はいるよう、随分打ったバラケが効いているのか?

馴染み際のドスンアタリで重いのが乗ったが竿を伸されハリス切れ、クー!(> <)
気を取り直して再度ハリスを括る。
次にフワフワしたあとの小さいツンで40.5cm
二川40.5cm  比較的きれいな40.5cm

魚が上に浮いてきた感じなのでタナ3本にあげる。
ツンアタリで釣れてきたのはマブナ。
さらにマブナ追加、どうも上のタナにはマブナがいそう。

再びタナ3本半に戻しエサ打ち。
小さいツンの後の食い上げで沖目に浮いた魚は軽く尺半ありそうなヘラ、オオッー!
しかし強引に引っ張っても重くてなかなか寄らない。

泳ぎ回っている途中、左の小枝に道糸が引っ掛かってしまい、どうしようもなくなった。
枝の下で大きい口をパクパク開けている。 う〜ん(ーー;
仕方なく糸を手繰り寄せて、引っ張ると枝から外れたが、巨ベラも水中にゆっくりと沈んでいった。

結局、道糸とハリスがお祭りになって集中力も切れ、ここで納竿となった。
二川べラの顔が見れただけでも良しとするか!

前回は二川温泉、今回は上流側の清水温泉にゆっくり浸かって帰路についた。