山田ダム 釣行記(4/25)
今年の山田はやはりいつもと違う。
釣っても釣っても放流したチャンベラばかり、
チャンベラといっても大きいもので尺2寸くらいなので始末が悪い。
ある意味、ブルやウグイよりも厄介である。

紀ノ国はその数があまりに多いので自分の中で早いうちに諦めた(人も多いし(^^;;)。
相対的にチャンの数が少ない本流筋ならまだ可能性はある(に違いない)。

しかし最近の週末は決まってハタキ後の一服状態で完全にしらけている。
そのため日曜の午前中で早々に引き上げる人が多い。

日曜日、朝から野田原大曲り周辺(タナ3本くらい)で竿を出す。
時たま大型のヘラが通りすぎるが足が速く、餌に見向きもしない。

過去、数回こんな状況で餌打ちしているが、一日打っていると必ずどこかで時合いがある。
そう言い聞かせて11尺浅ダナの一本半前後で餌を打ち続けた。

午前中はまったくアタリなし、午後は3時過ぎに放流ものが1枚出ただけ
それ以外はブルのさわりもなしで5時半まで打ってやめようと思った。
餌は練りすぎて捨てそうだったので途中から早いテンポでどんどん打っていった。

5時前に少し触りが出始めた、ブルか?
小さいツンあたりに合わすと重い引きでバレた
もしかしてヘラか?シッ、しまった(^^;; 宙は確実なアタリで合わせないと。。。ヘタ

しかし次に餌うちしてもサワリがある。まだ何かいそうだ。
だがその浮子の動きから見て食い渋っている風に思えた。
こんな時はタナを少しいじってみる。
試しに10cm程タナを深くしてみた。(ちょっと警戒心で食い渋っているように見えたので...)
すると浮子がゆっくりと馴染んだ途端にドスン!と二目盛り落とした。

ゴボッ!っと沖に黒々としたヘラが浮いた。放流ものとはあきらかに違う。
ヨッシャー!X3
パワーがあってなかなか掬えなかった(実は本人必死)が、何とか無事取り込んで検寸。
尺半はあると思ったが惜しくも44止まり。

山田44cm  久々の地べら、肉厚が全然違う 


一枚釣れるのと釣れないのでは雲泥の差。
これでようやく、宙のイメージがつかめた気がした。


ホーム
バック