山田ダム釣行記(5/2)


朝5時半に起きて野田原をみていると釣り人の方が一人来られた。
私を見て”インターネット書いている人ですね、
山田来てるんですが大きいの釣れないです”と話しかけてきた。

その方の釣りを聞くと深ダナの底釣りのようだったので
”浅ダナで通すと良いことありますよ” と、アドバイスめいたことを言った。
が、後になって余計なことを言ったか、と少し後悔した。
一日に数回あるかないかのドスンを待つ釣りはどれだけの人に薦められるのか...
宙のイメージがなければ浅ダナで打ち通すことは大半の人には厳しいだろう。

秋に浅ダナで釣れていた時に、4本半の床付近で49.5cmが釣れたこともある。
釣りには絶対と言う言葉はない、だから面白いのだろうが...

6時から1本半の宙でエサ打ちを開始するがいくら打っても全くアタリが出ない。
8時半過ぎまで打ったが気配が全くなかったので、モジリが多い対岸に場所変えした。
9時から竿14尺で餌打ちを開始して10時20分ごろ、上で少し触った。 タナは馴染みで1本半。

次の餌打ちで餌が片方飛んでしまった。
最近は柔らかいベトベト系の餌に凝っているので7、8投に1回は餌が飛ぶ(^^;;
ま、上で触ったからいいか...

いつもならすぐ餌切りするのだが、半分しか沈まないトップをしばらく見ていた。
すると突然2目盛り、ドスンッ!と落とした、いいアタリ〜と思うと同時に合わせがきいた。
ゴボ!と沖に黒々としたヘラが浮いた。
それからはすぐに上がると思ったが、逆に底に向かってグイグイと引きはじめた。

何度も伸さされそうになるのをこらえる、姿を見ていなければきっとコイと思ったに違いない。
糸なりの音を聞きながらヘラでもここまで引くのか?妙に感心する。。
いい加減、腕がだるくなってきた頃にようやく、そいつは浮いてきた。

タモにすくった時にはもしかしてと思ったが
検寸すると48.1cm、思ったほどない。

48cm 型はイマイチですがコイなみの引き

今年の初尺半だが、キープせずにすぐに放流した。
その後、12時過ぎに43cm、2時半に43.5cmを追加して5時半過ぎに納竿した。
去年もそうだったが、これからの時期、野田原の時合いは10時から3時くらいに集中することが多い。
ようやく、今年の山田もエンジンがかかったきた?
43.5cm 消し込みあたりで釣れた43.5cm



ホーム
バック